サマーウォーズが今年もやってきましたね。

私も、もうドキドキです。

そしてサマーウォーズと言えばお決まりの「キングカズマ」登場ですよね。

今回の「キングカズマ」はどういった活躍を見せてくれるのでしょうか。

早速迫っていこうと思います。

Sponsored Link

サマーウォーズのこれまで

その前に、サマーウォーズについて軽く振り返ってみましょう。

サマーウォーズは実は2009年に放映された映画で、作画を担当しているのはあの「ふしぎの海のナディア」「新世紀エヴァンゲリオン」の作画で知られる貞本義行さんですね。

私の世代は「ふしぎの海のナディア」だったのでどうしてもそっちに話しがいってしまいそうです。

また、貞本義行さん=ガイナックスとなりそうですが、ことサマーウォーズに関して言えば否という事になりますね。

この作品は元々総監督である細田守さんが妻の実家である長野県上田市を訪れた時に当時既に天涯孤独の身であった細田守さんを妻の家族が暖かく受け入れてくれた事に強い感銘を受けたのが始まりと言われています。

また、サマーウォーズで出てくる「陣内家」は非常に親戚が多く、そのモチーフになったのは戦国時代に長野県を治めていた「真田家」であると言われています。

私も最初見た時に「家族多いしっ!!」ってツッコミたくなりました。

この家族と主人公の小磯健二役を声優として演じた神木隆之介さんが仮想世界であるOZ内で蔓延するラブマシーンという侵略者から現実世界を守るという壮大な世界観で描かれています。

一見すると、家族=安心できる場所ですからね。

サマーウォーズと銘打っているだけあり、それだけでは終わらなかったといった所でしょうか。

Sponsored Link

キングカズマうさぎは超カッコイイ成長具合がヤバイ!

その仮想世界OZ内に孤高のヒーローとして描かれているのが「キングカズマ」というウサギのアバターです。

通常、ウサギと言えばかわいいというイメージがありますよね。

しかし、仮想世界OZ内での「キングカズマ」はクールを地で行くまさにクールガイです。

仮想世界では負け知らずの「キングカズマ」は登場するだけで「キターーーーーー!!」とOZのサーバーがパンクする位の騒ぎとなり、しかも時間を経て姿形が男気溢れたものに変化していくというのも見どころの一つであると思います。

現実世界でも、そんな「キングカズマ」のカッコよさが広まっており、サマーウォーズ=キングカズマという無敵の方程式さえあるくらいです。

サマーウォーズ

サマーウォーズの動画の感想。

さて、そんなサマーウォーズですが、恥ずかしながら私はキチンとは見てはいませんでした

そこでキチンと見た感想ですが、とにかく実家に今すぐに帰りたくなりました

私の実家も夜庭で寝そべると、満点の星空と虫の鳴き声が聴こえる本当にのどかな田舎です。

何もない所ですが、自然溢れる空気と水が美味しい場所です。

あと、家族について本当に真面目に考えさせられました

普段いるのが当たり前の家族ですが、曾祖母の栄おばあちゃんが亡くなる瞬間は本当に泣いてしまいましたし悲しかったです。

ここまで私のj心を揺さぶる映画も久しく見ていなかったので非常に印象の残りました。

最後まで見て頂きありがとうございます。

Sponsored Link