失恋ソングをバラード調で切なく歌詞にし、しっとり歌う事で現在売れに売れているback numberのボーカルの清水依与吏さんですが、画像を見るとやはり、眼光に独特の力強さがあり、髪型のワイルドさもカッコイイですね!

そもそも、バンド名あるback numberの由来も「大好きだった彼女をバンドマンに奪われた事で、自分は型遅れ(バックナンバー)だ」という失意の思いから付けられたといいます。

そんな、多少影のある清水依与吏さんですが、Mステでのaikoさんとの一幕が発端で熱愛報道に火が付いています。

破局しているとは言え、同年代で俳優としても歌手としても今一番勢いがある星野源さんとの関係も気になる所ですが、実際はどうなのでしょうか?

そもそも、清水依与吏さんは年代的に結婚しているのでしょうか?

今回は。清水依与吏さんの髪型紹介画像と気になるaikoさんとの仲と星野源さんとの関係結婚しているのかの3本立てで書いていこうと思います。

Sponsored Link

清水依与吏さんの髪型紹介画像集

ここでは清水依与吏さんの髪型について見ていきましょう!

清水依与吏さんの髪型ってクセっ毛なのですが、大人のワイルドさが感じられる髪型ですよね。

なんだかB’zの稲葉浩志さんみたいですね。

清水依与吏

 

清水依与吏さんと言えばこのワイルドさ溢れる無造作ヘアですよね。でもキチンと要所は抑えた髪型のセットをしていますね。

清水依与吏

 

こちらの髪型もボサボサ感の中にもまとまりがありますね!元々の清水依与吏さんのクセなんでしょうか。

清水依与吏

 

こちらは・・・清水依与吏さんです。ちょっとブッ飛んでますが、ライブの演出でそうした可能性があります。ビックリしました。

清水依与吏

 

こちらは、100%プライベート感満載な画像ですね。やっぱりかなりのくせっ毛なのが見てわかります。

aikoさんとの仲と星野源さんとの関係について

aikoさんの仲について

aiko

 

 

冒頭でも書きましたが、Mステで共演した時の会話でaikoさんとの熱愛報道が加熱しています。

その根拠として、ここ最近の清水依与吏さんの作る曲がaikoさん寄りになってきている事と、自身のライブによくaikoさんを呼んだりしている事が挙げられています。

実際の所、どういった仲なのでしょうか?

まだ、正確な情報は上がっていませんが、私は純粋にaikoさんの事を清水依与吏さんがリスペクトしているだけだと思います。

そう考える理由は、aikoさんと清水依与吏さんのジャンルがほぼ同じだからです。

しかも、aikoさんの方が先駆者となれば、清水依与吏さんとしてはお近づきになって、もっと吸収したいと思うのは当然なのではないでしょうか。

星野源さんとの関係について

 

aikoさん絡みで星野源さんが出ていると思うのですが、同年代で大成功している星野源さんとの関係はどうなのでしょうか?

既に、aikoさんとは破局していると一部で噂になっていますが、清水依与吏さんの嫉妬なのではという情報もあります。

確かに、星野源さんという人はその枠にとらわれない人柄や考え方で、2016年大ブレイクしました。

歌手としては、どちらかというと明るいポップス調の歌い口で軽やかに歌うフレーズは聴いていて心が軽くなります。

一方、清水依与吏さんのジャンルはバラードをしっとりと歌う方なので、同じ歌手として思う所はあるかと思います。

ただ、純粋に良いライバルとしお互いを高め合いたい、清水依与吏さんはそう考えていてると私は思います。

Sponsored Link

そもそも清水依与吏さんは結婚しているのか?

 

結婚の話になると必ず話をはぐらかす清水依与吏さんですが、情報は二分しています。

1つ目は、既に既婚者で、子供もいるが仕事とプライベートに線を引きたいとの意向から敢えて公表せずはぐらかしているという説。

2つ目はまだ未婚で、バンド結成のキッカケになった奪われた彼女の事が胸に引っかかっており、恋愛に臆病になっている説

ざっくりまとめると、この2つです。

私の見解ですが、私は2の未婚説が濃厚だと思います。

なぜか、それはback numberというバンド名にもある通り、まだ自分自身の心が当時の彼女に釘付けになっており、囚われているからだと思うからです。

私も大学時代初めて付き合った女性をフッてしまったしてしまった事で、恋愛に対してトラウマになり大学卒業後、しばらくは恋愛に臆病になっていた過去があるからよく分かります。

まあ、かくいう私も未婚なのですが・・笑

でも、清水依与吏さんもせめて既婚なのか未婚なのかどこかでハッキリとした方が気持ちの整理も付くし、変な推測も抱かれずに済むと思いますので、気持ちの踏ん切りがついたら公表するべきだと思います。

2017年も始まったばかりですが、清水依与吏さんを応援していきましょう!!

Sponsored Link