4年前の電撃的な引退で当時炎上したkemu voxx

本日復活しましたよねww

私はボカロは初音ミクさんしか分かりませんが、kemu voxxについて迫っていこうと思います。

Sponsored Link

kemuさん復活の理由は堀江さん

kemu voxxを語る上で外せないのが堀江晶太さんですよね。

堀江晶太さんは音楽ジャンル問わず幅広い音階を持つ業界でも名の知れた音楽家です。

以前は中村イネという名前で活躍していましたが、現在は本名でアーティストへの楽曲提供などをメインに手がけています。

どの曲にも「堀江節」なる堀江晶太さんオリジナルのこだわりが含まれており、このオリジナリティが大変好評ですよね。

そんな堀江晶太さんが実はkemu voxxの復活に大きく関わっているといいます。

なぜかというと、以前からkemu voxxの曲調には同様の「堀江節」が多分に含まれており、また筆跡などもkemu voxx堀江晶太さんでほぼ一致しているからです。

決定的な理由が、実はkemu voxxとして引退した2013年頃から堀江晶太さんの業務が非常に激務となっています。

それがkemu voxx解散の一因であるとも言われています。

そして2017年となり堀江晶太さんの活動に一段落ついたからkemu voxxを復活させた可能性があります。

そう考えれば十分に辻褄が合いますよね。

Sponsored Link

kemuとスズムさん同一人物説は?

さて、kemu voxxを語る上である意味忘れてはいけない人物がいますよね。

そうスズムさんです。

スズムさんはkemu voxxの楽曲の制作、アレンジ、作詞、ミックス、マスタリングなど様々なジャンルを手がけている
男性ユーザーでしたよね。

しかし、裁判沙汰とまでなる行為から活動停止を余儀なくされています。

もし、kemu=スズムさんであるとしたら時期的にも合致しますし、こちらも有力な解散説としては十分な気がします。

しかし、スズムさんというのはゴーストライターであったらしく、今でもその実像は掴めてはいません。

ネットではそんなスズムさんを佐村河内守さんのパロディネタとした「佐村河内スズム」という書き込みがあるくらいです。

私は、確かにkemu voxxの解散の理由にはなったかもしれませんが、kemuと同一人物ではないと思います。

kemu voxx

kemu新曲ボカロ曲の感想。

そんな、kemu voxxが2017年5月31日にリリースした「拝啓ドッペルゲンガー」の動画が早くもスゴイ勢いで再生回数を伸ばしています。

私も聴きましたが、思わず聴き惚れてしまいましたね。

曲調はボカロらしく、ボーカルの感じはどこか機械的な早口な発音がフラットな曲とピッタリとあっており、決して曲の音調を邪魔しない感じを保ちつつ、メッセージとしてキチンと歌っている何とも言えない感じがスゴく良かったです。

初音ミクさんの曲なら何度も聴いたことはありますが、それよりもボーカルのクリアさが引き立っていました。

kemu voxxのこれからに期待がかかりますよね!!

Sponsored Link