華原朋美さんが『今くらべてみました』に出演していますね~

小室哲哉さんの話をするのでしょうか~

番組案内では『華原朋美が決意の告白!あの恋の始まりと終わり』と番組としては珍しくサブタイトルまで付けています。

これは華原朋美さんにスポットライトが浴びる可能性がありますよね。

早速迫っていこうと思います。

Sponsored Link

華原朋美さんと小室哲哉さんの破局理由について

さて、現在30代後半から40歳前半の方ならかつて華原朋美さんが燦然と輝いていた時を知っていると思います。

小室哲哉さんと言えばTMネッワークのシンセサイザー担当にしてそれまでになかったコンピュータを駆使した電子楽器で演奏する技術で、ビーイングブームが落ち着いた1990年台中盤から後半の音楽業界を席巻した名音楽プロデューサーとしての地位を確実なものにした方として有名ですよね。

そんな小室哲哉さんには数多くの浮名を流したという噂があります。

それは楽曲提供した全てにおいて、女性がボーカルを務めたユニットに限られています。

TRF然り、Globe然りですよね。

ですから、自分が気に入った女性をプロデュースし名声を浴びせたと言われていますし、当時の私も少なからずそう思っていました。

皇帝色を好むと昔から言いますからね・・

華原朋美さんとの出会いは1995年と言われており、当時まだ無名であった華原朋美さんを一目で気に入った小室哲哉さんが即興で作り上げた曲でプロデュースしたのが始まりと言われています。

案の定、今でも根強い人気がある「I’m Pround」は爆発的な人気となり華原朋美さんを代表する曲として君臨しています。

しかし、そんな交際は長続きしなかったと言われています。

その破局の原因は、華原朋美さんの恋愛観が非常に重いものであり、小室哲哉さんをいつしか縛ってしまっていたといいます。

なにより音楽家にとって束縛されることは自由な発想が妨げられ曲が完成しないという死活問題です。

一人の男性としてならある程度の束縛は非常にいいものであると思いますが、アーティストとなると話が別であるのではないでしょうか。

いつしか小室哲哉さんの方が参ってしまい、結果としてGlobeKeikoさんと一緒になるという華原朋美さんからしたら悲劇に繋がったんですね。

Sponsored Link

華原朋美さんが小室哲哉さんにした仕打ちが怖い!!

そして、破局した華原朋美さんは小室哲哉さんにかなり男性ならガタガタしちゃうくらいの仕打ちをかつてやってのけています。

華原朋美さんは今でいう典型的な構ってちゃんであったらしく、失恋のショックから番組のドタキャンや精神疾患を抱えるようになったらしいです。

これには、関係を解消したとはいえ小室哲哉さんの精神状態を不安定にさせるには十分であった可能性があります。

その後、小室哲哉さんはかつて築き上げた莫大な資産を常軌を逸した用途に使い込み、その結果裁判沙汰にまで発展しています。

全て華原朋美さんの影響があったとは考えにくいですが、崩壊していく華原朋美さんを全く心配していなかった訳ではないと思いますし気が気でなかったのではないでしょうか。

そういう意味では間接的な仕打ちかもしれませんね。

実際には、双方が浮気をしてその結果破局に至った恋らしいですから、私としては仕打ちである可能性は低いと思いますが、もし知り合いの女性がそうなったら私も気が気ではないと思います。

華原朋美

『今夜くらべてみました』で華原朋美さんの発言とツイッターの反応

さて、そんな華原朋美さんですが、現在はずいぶん復活しつつあり、2015年には小室哲哉さんと音楽番組での共演も果たし、小室哲哉さんから楽曲の提供も受けるなど、過去を精算したみたいですね。

40代になりましたが、その美貌は衰えることを知らず、今でもかつてのスタイルを保つなど美魔女と化しています。

最近では『炎の体育会TV』馬術部としてなんと障害馬術の世界選手権に日本代表として出場し、惜しくも優勝はなりませんでしたが、馬術の世界では今では名のしれた騎手となっています。

それだけに『今夜くらべてみました』での華原朋美さんの発言が気になりますよね。

ここで、ツイッターの反応についても見ていきましょう。

来週の今くらは華原さんの独身いじりやりそうだけど菊川さんの時みたいに突然結婚したらVTR使えなくなるからあまりやらない方がいいと思うけどな

華原朋美が42という真実に震えてる… まぢか…ともちゃんそんな歳やったのか…

今日は華原朋美さんと馬術のトップスコア競技で勝負する夢を見た

引用元:ツイッター

やはりアンチなツイートもありましたが、根強いファンも多く華原朋美さんを励ます内容のものが非常に多かったですね。

私も小室哲哉世代なので、華原朋美さんは大好きでした。

これからも応援していきましょう!

Sponsored Link