昨年から続く森友学園問題がここまで大きくなっています。

私も正直驚きました。

最初は野党追及のネタの1つだろと楽観視していた私も日を追うごとに出るわ出るわの不正に閉口しています。

今回はそんな政治の体たらくについて書いていこうと思います。

Sponsored Link

そもそも会見検査院ってどういう仕事?

会見検査院について私もよく分からなかったので調べてみました。

それによると、会見検査院とはそもそも国のあらゆる機関の影響も受けない独自の権限を持つ国家機関であるみたいです。

まあ、簡単にまとめると主に政府の決算作業や独立行政法人の会計、地方への補助金が適正に使われているかを監視する機関です。

国からすればもしかしたら本当に怖い存在かもしれませんね。

その設立の歴史も非常に古く1880年に時の明治政府により創られた機関であるそうです。

確かに、誰かが見張っていないと際限なく私たちの血税が湯水のごとく遣われかねません。

しかも、その使い道が真に国益につながっていればいいですが私利私欲のために遣おうと思えばいくらでもつかえてしまいます。

時の明治政府はそうならないように自分たちを律する意味でも創設した機関であったのでしょう。

それが歴史の陰に埋もれて、気が付いたら国家機関としての地位も地に堕ちただの政府の犬と化していたみたいです。

一国民として非常に嘆かわしいですし、恥ずかしいです。

恐らく、今までの決算方法も「今までこうしてきたから・・・」という慣習ばかりを主張して自分たちは悪くないと逃げ口上を働くに違いありません。

本当に世も末ですね。

Sponsored Link

会計検査院の忖度は財務省&安倍首相で麻生大臣辞任!

その会計検査院はその様に財務省や安倍首相に忖度したのでしょうか。

それは森友学園と財務省及び国土交通省との契約内容について改ざんを知っていながら「総理のご意向」としてスルーさせたというものなのです。

私はこのニュースを見て「会計検査院いらないじゃん」と思ってしまいました。

国や地方のお金の流れを監視して時として諫言もできる会計検査院が雁首揃えて何をやっているのか!!!

本当に恥を知って欲しいです。

そして、今回の麻生大臣の苦し紛れの答弁は見苦しかったです。

少なくとも私は閣僚の中でも一番麻生大臣を評価していました。

麻生大臣は総理時代にそれまで日本の総理が誰一人してこなかったアラブ諸国との関係改善に心血を注いでいた方です。

メディアはあまり触れようとはしませんが、これは素晴らしい事であると当時感激しました。

それだけに今回の麻生大臣には失望しました。

責任が無いかもしれませんが、事実関係を明白にしてけじめを取り辞任するのが一番自民党や安倍政権にとっていい選択だと思います。

麻生大臣

ネットの反応

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link