加計学園の濡れ衣が晴れて晴れましたね!

何とも嬉しい限りです。

そもそもこの加計学園問題は文科省OBの前川喜平さんがぶち上げた”総理の意向”という一文から始まり、ここに民進党が食いつき連日の国会で安倍首相並びに、文部科学大臣を蜂の巣にしていました。

どうして民進党がここまで前のめりになったか・・・それは血税が”お友達”の設備新設に贈与されたのではという一点です。

確かに、安倍首相と言えば、第一次政権から自身に近い議員を中心に組閣したりするなど、独裁色の強いカラーを打ち出していました。

今回の加計学園の獣医学部新設認可について迫っていこうと思います。

Sponsored Link

加計学園がテレ朝&NHKを訴訟しない理由は忖度!

しかし、よくよく考えると今回の獣医学部を巡る騒動で結局誰が微笑んだのでしょうか?

私は日本に根づく左翼の方々であると思います。

北朝鮮という喫緊の危機から国民の関心を逸らし、不毛な時間稼ぎで国防対策を後手に回すことで、日本の防衛力を弱体化させて中国に媚び入ろうとする魂胆ではないでしょうか。

私の主観ですが、日本のNHK始め各民間放送局の幹部連中は大半が左翼であるみたいです。

この事実に気がついた瞬間から私は政治についての報道が信じられなくなり、新聞を読まずにネットニュースを見るようにしています。

少々脱線しましたが、今回の一番の被害者は加計学園ですよね。

通常、報道された事について誤認であった場合、放送局は総じて謝罪の放送をするのにどの放送局も謝罪はおろか、話題にすら出さないようにしています。

これってかなり悪質ですよね。

そして、加計学園が放送局を名誉毀損で訴訟しない理由は忖度であると思います。

やはりなんだかんだ言っても、報道を敵に回すことは加計学園の思う所ではないという事でしょうか。

あるいは、安倍首相”総理の意向”がいい方向に働いているのかもしれません。

Sponsored Link

民進党の反応は?

その加計学園について今信じられない位閉口している党があります。

そう、民進党ですよね。

今でも私は覚えていますが散々国会で安倍首相を追及した元民進党の立憲民主党幹事長福山哲郎議員については今ではすっかりどこ吹く風です。

信じられませんよね。

追及だけは人一倍立派で、間違いだと話題にすらせずにドヤ顔でいる。

まさに厚顔無恥も良いところであると思います。

もし、一片の良心が残っているなら安倍首相潔く謝罪すべきですし、野党各党は本当にもう足の引っ張り合いや揚げ足取りといった汚い質問より、もう少し建設的な議論をして欲しいです。

前の民主党時代にはまだ植松恵美子元議員といった論客がいました。

今でも動画に残っていますが、あの麻生太郎議員をして「良い質問です」と言わしめています。

残念ですが、こうしたまともな議論が出来る議員は私は今はいないと思います。

北朝鮮のミサイル問題日本の社会保障のこれからといったまだまだ真に議論すべき内容は山積しています。

どうせ議論するならこうした地に足の着いた論戦をして欲しく思います

加計学園

ツイッターの反応について

ここで、加計学園についてのツイッターの反応を見ていきましょう!

最後まで見て頂きありがとうございました。

Sponsored Link