いやー福井照大臣就任一発目でやらかしましたね。

私も見ていて腹立たしかったです。

江崎沖縄北方担当大臣が体調不良を理由に辞任し、新任で入閣したばかりの就任会見でこれです。

こんなんでは先が思いやられますね~

そんな福井照大臣の発言と今後の展開について書いていこうと思います。

Sponsored Link

福井照大臣のシャコタン島言い間違えた理由はわざと!

さて、早速本題に入っていきましょう!

実は福井照大臣のシャコタン島発言は決して言い間違えではばくわざとであった可能性があります。

なぜそう考えるのか、それはロシアの配慮があったか圧力が働いたのかだと思います。

ロシアと言えば、前身のソビエト連邦時代から戦後一貫して北方領土4島を実効支配しています。

その支配は徹底しており、わざわざロシアから見ても遠方の過疎地にもかかわらず、投資を続けて最先端の軍事設備や島民の為の生活環境改善などに一層の力の入れようです。

ですから、「領土問題はない」という強硬な姿勢を崩していないロシアとしては優秀な大臣の就任は非常に困るのです。

実はプーチン大統領安倍首相は名前で呼び合うなど非常に親密な関係でもあります。

そういう意味から勘案すると、ロシアに忖度した形での大臣選びが成されたのであろうかと私は思います。

それにしても酷いですよね。

元島民の人の心情を著しく損ねるだけではなく、日本国民からも完全に見放されています。

恐らく確実に今後の国会質疑で野党から標的にされる事は覚悟しなければいけませんね。

その際に野党も言葉尻を取った揚げ足取りに躍起になるのではなく、大臣の資質を冷静な観点から見抜き本質を突くような質問に終始して欲しいです。

いずれにしても福井照大臣には反省して欲しいですね。

Sponsored Link

辞任はいつ?

そんな福井照大臣ですが、すでに水面下で「辞任」の話が出ていると思います。

どの時代の政権内にも「鬼門」があります。

それが「防衛大臣」であった時期もありました。

今回は「沖縄北方担当大臣」であったみたいです。

言い間違えをするにしても酷すぎる内容ですので、安倍首相には早期に決断をして欲しいです。

そもそも「沖縄北方担当大臣」って必要なポストなのでしょうか?

私はどうもパッとしません。

だってそうですよね。

日本の領土領海を守っているのは「防衛省」であります。

であれば、「防衛省」の管轄にすればいいと思います。

そうすれば、「沖縄北方担当大臣」というポストも不要になりますし無駄な我々の血税が遣われることもありません。

早い話「沖縄北方担当大臣」は他国に対し「領土返せ」と言い続けるのが仕事だと思うからです。

そんな簡単な仕事は防衛省の事務方でも出来ます

福井照

ネットの反応

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link