希望の党の共同代表に選出された玉木雄一郎議員

また最悪な人を共同代表にしてしまいましたね~

玉木雄一郎議員といえば過去に民進党時代に国会質疑で稚拙な質問ばかりをして大臣勢、特に麻生太郎経済兼財務大臣に逆に叱責されていました。

私も国会中継をたまに動画サイトで見ていますが、どこを取っても優秀とは言い難くただただ安倍首相始め大臣勢の揚げ足取りに必死であったかつての姿が被ります。

そんな人が果たして代表など出来るのか迫っていこうと思います。

Sponsored Link

希望の党は玉木雄一郎代表で分裂解党!

恐らく多くの人がこう思っているでしょう。

私はてっきり前原誠司議員や細野豪志議員という実績のある方が代表に選出されるものと思っていました。

それならまだ党内人事や政策思想の違いをも乗り越えて全員野球で巨大与党と対峙できる体制も作れたのではないかと思います。

私が推測するに、恐らくこの玉木雄一郎代表が共同代表に就任出来たのは小池百合子代表兼都知事の意向が多分に働いているのではないかと考えます。

落選した希望の党の発起人で一時時の人となった若狭勝さんもそうでしたが、玉木雄一郎議員もどうもイマイチ華がありませんカリスマ性があるわけでもありません。

逆に前原誠司元民進党代表や細野豪志議員が代表となった場合、考えられる未来は小池百合子都知事との確執と決別です。

ですから敢えて”普通の議員”であった玉木雄一郎議員を代表に据えておいた方が扱いやすく、もし使えないとなればいつでも簡単に首を挿げ替えられる算段でいるのかもしれませんしね。

その小池百合子都知事の野望を食い止めるには玉木雄一郎代表がまずすべき事は年内の分節解党です。

そのほうがまだ傷も浅い状態で玉木雄一郎代表のキャリアもやり直せます。

人間、やはり得手不得手ありますから無理はしないほうがいいのではと有権者として私は思います。

Sponsored Link

希望の党解党後は民進党合流の可能性

もし年内に分裂解党となった場合、民進党から移籍してきた議員はどうなってしまうのでしょうか。

私は何だかんだ言って民進党という元の鞘に収まると思いますし、既定路線であると思います。

はたまた岡田克也議員や野田佳彦元総理が在籍している”無所属の会”に転がり込んでもいいと思います。

問題はタイミングです。

私は年内のなるべく早い時期に決断をした方がいいのではと思っています。

いま日本は内外共々問題が山積しています。

喫緊の問題は憲法改正でしょう。

北朝鮮の出方次第ではアメリカと歩みをも共にする日本として戦争に加担すなければならない可能性だってあります。

もし、北朝鮮のミサイルが軌道を大きく外れ日本本土に着弾となれば憲法改正を待たずに即刻専守防衛の名のもとに日朝戦争に突入します。

ですからそういったイレギュラーがいつ起こってもおかしくない昨今ですから行動を移すなら早めのほうがいいのではと私は思います。

玉木雄一郎

前原誠司元民進党代表の反応について

そんな四面楚歌の希望の党に一番辟易しているのは民進党を壊した2代目壊し屋の前原誠司元代表であると思います。

今の希望の党の内部では憲法改正の審議に協力する穏健派と憲法改正に断固反対の急進派で分裂しています。

これだけ見るともうかつての民進党を見ているみたいですよね。

憲法改正に反対している勢力の大半が実は社会民主連合という旧社会党の流れをくむ議員であるといいます。

ちなみに、前原誠司元代表は松下政経塾出身としてどちらかというと経済政策に長けた論客として同じ釜の飯を食った岡田克也議員や野田佳彦元総理と考えが近いと言われています。

ですから憲法改正についてもそれが日本の国益並びに国民にとって必要とあれば改正には協力するという柔軟な思考の持ち主であり私は旧民進党の議員の中ではまだまともな部類に入る議員として応援していました。

前原誠司議員はこれからもし希望の党が解党したら”無所属の会”に合流して国会審議で変わらぬ論客として侃侃諤諤と与党と戦って欲しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link