アルビレックス新潟の新戦力として今季加入した27歳であるチアゴガリャルド選手。

細身でルックス最高ですね!

そんな、チアゴガリャルド選手について迫っていこうと思います。

Sponsored Link

チアゴガリャルド選手のアルビレックス新潟の評価が良い理由

チアゴガリャルド選手の強みと言えば、何と言っても183cmの長身であるのもさることながら、武器は驚異的なロングスローですよね。

投げる場所と風向きが合致すれば、そのままゴールになったケースがある位に本当に素晴らしいし、相手チームからすれば脅威ともなります。

あと、下手のコーナーキックよりも手で投げる分正確にセットプレーの成功率を上げる事につながります。

もう一つ特筆すべきは、細身である事を活かしたフィジカル面の高さです。

4/30日の第9節で魅せたボールに食らいつき当たり負けもしないプレーは生まれ持って体幹が強い証拠であると私は見ていて思いました。

ここ最近のアルビレックス新潟の試合展開を見ていると、優秀な選手がいるにもかかわらずそれが結果に結びつかず、結果セカンドボールを相手チームに奪われカウンターでゴールを決められるという展開が多いように思います。

ですから、このチアゴガリャルド選手の加入で停滞していたアルビレックス新潟本来の軽快なパス回しで相手を翻弄させるプレーをもう一度復活させて欲しいです。

そういう意味ではチアゴガリャルド選手に懸ける期待は相当のものであると私は思いますし、恐らくプレス陣もそう考えているでしょう。

Sponsored Link

チアゴガリャルド選手の現在の年俸はいくら?

そんな期待されているチアゴガリャルド選手ですが、気になるのは年俸ですよね。

アルビレックス新潟は噂ですが、他チームより年俸が低いとの事です。

なお、推定年俸ですが3000万円であるそうです。

なお、トップチームである鹿島アントラーズの外国人選手の年俸は5000万円です。

これって期待しているのならもう少し上乗せしないと、他チームに引き抜かれる可能性が大いにありますよね。

考えてみれば、アルビレックス新潟で活躍した選手のほとんどが浦和レッズ鹿島アントラーズサンフレッチェ広島など強豪チームへ高待遇で引き抜かれています。

そういう前例を踏まえるとプレス側の危機感ってその程度なの?って思ってしまいます。

チアゴガリャルド

チアゴガリャルド選手の来期の移籍の可能性は?

さて、そんなチアゴガリャルド選手ですが、恐らく今季オフで他チームから引く手あまたになるのは間違いありません。

チアゴガリャルド選手の移籍の可能性はあるのでしょうか?

今のところ、何も情報が出てきてはいませんが、年俸をもう少し考え直さないとまた優秀な選手をみすみす強豪チームに引き抜かれることとなってしまい、残ったスタミナも期待できないベテランと経験不足の若手だけの弱小チームとなるのは自明の理です。

ですから、プレス陣には連敗で負けが込み来場するファンが減っていく中でチーム運営が厳しくなるのも承知の上で、一度この悪循環を断ち切る為に敢えて選手の待遇についてキチンと考え直して欲しいです。

全体を底上げするのではなく、活躍著しい選手の年俸を上げ、逆にあまり活躍が望めない選手の年俸を下げるなど実力に応じた待遇システムにすべきであると私は思います。

Sponsored Link