ミスターアルビレックスとして15年間アルビレックス新潟のサッカー選手として一筋にプレーしてきた本間勲選手ですが、2014年に出場機会を求めて栃木サッカークラブに完全移籍しました。

しかし、ツィッターで話題となっている通り、再びアルビレックス新潟の窮状を見かねてか、戻ってきてくれる事となりました。

一般的に社会人をやっている中で、前お世話になっていた会社に出戻れるケースというのはそうそうカンタンな事ではなく、よしんば入社出来たとしても、「出戻り」というレッテルを貼られて身を小さくしながら過ごすなど、様々な制約が付きまといます。

サッカーや野球ではザラにある話ですが、出場機会を求めて新天地へと旅立った本間勲選手がどうして戻るのか、やっぱり気になりますよね。

今回は、本間勲選手のプロフィールと気になるアルビレックス新潟復帰の真の理由についてと本間勲選手のプレー動画紹介の3本立てで書いていこうと思います。

Sponsored Link

本間勲選手のプロフィール

本間勲

名前:本間勲

誕生日:1981年4月19日

出身地:新潟県胎内市(旧、新潟県北蒲原郡中条町)

身長:173cm

体重:67kg

プレースタイル:守備的ミッドフィールダー

サッカーを始めた年齢:8歳

特徴:中盤の要として司令塔となり、勝つサッカーより、負けないサッカーをする。

結婚:既婚

子供:あり

アルビレックス新潟復帰の真の理由とは?

本間勲

さて、私やサポーターの皆様も気になるネタは何と言ってもコレですよね。私もアルビレックス新潟はオラッタのチームですから応援しています。

本間勲選手を欠いた最近のアルビレックス新潟の試合を見ていると分かりますが、縦へのパスが全く通らない、スタンドプレーが多くすぐにポールを取られる、後半開始にも関わらず歩いている選手も多いなどが見受けられます。

そして、最近のアルビレックス新潟にないのは、反町康治監督の元、サポーターと一致団結してJ1の道へ突き進んでいったあの覇気が全くありません。

当時のアルビレックス新潟は観客動員数がJ1では1番の4万人超えでした。今は何人でしょうか?

そして、サポーターが去っていったのは何故でしょうか

と絞り込んでいくと、勝ち点という結果が伴っていないからです。

結果を出すにはやはり、司令塔が必要不可欠ですよね。

そこで、アルビレックス新潟に15年帯刀し、チーム事情にも精通している本間勲選手にアルビレックス新潟の再建を託し、チームの方からお願いしたという流れなのではないでしょうか。

本間勲選手も、地元はやはり新潟ですので、慣れない土地で暮らすより、当然地元の方がいいはずです。なので快諾して今回の発表になったのではないかと思います。

Sponsored Link

本間勲選手のプレー動画紹介

ここでは、本間勲選手のプレーを動画で見ていきましょう!

本間勲

 

これは、本間勲選手のゴールシーンですね。相変わらずニッチなコースを狙ってますね。

本間勲

 

こちらは、本間勲選手も中盤でのパス回しやプレーについて紹介しています。

アルビレックス新潟は現在、どうにかギリギリJ1という土俵に立っている状態です。

本間勲選手に課せられた課題は多いと思いますが、一つ一つ解決していって再び司令塔としての辣腕を発揮して欲しいです。

来季のアルビレックス新潟が優勝争いに絡めるように期待しましょう!!

Sponsored Link