ついに大谷翔平選手がクライマックスシリーズ終盤という大一番でやってのけました。日本最速である165kmのストレートを放ちました。

このタイミングで決められると相手球団の戦意をくじく事から、敢えて計算してやったのではと思われがちですが、こればかりは本人の日々の努力の賜物だと私は思います。

大谷翔平選手は投手としても一級品ですが、打者としても今期打撃が好調でまさに「エースで4番」を地で行く選手と言えます。

そんな大谷翔平選手の強みと秘密について書いていこうと思います。

Sponsored Link

大谷翔平選手の生い立ちと武勇伝

大谷翔平

大谷翔平選手は1994年7月5日に岩手県奥州市に次男として生まれました。兄に同じく野球選手として活躍している大谷龍太選手がいます。

小学校から野球を始め、その恵まれた体格から放たれるボールは110kmを既に記録しており、捕手が投球を怖がり逃げる程でした。

早い段階から目標意識を持ち、菊池雄星選手(現:西武ライオンズ)に憧れ入校した花巻東高等学校では入部した同年秋にいきなり147kmを叩き出し、2年次には151kmを記録するなどメキメキと力を付けみちのくダルビッシュとしてその名を知られる選手へと成長していきます。

甲子園には2年次に出場しますが、不運にも体調不良から打者として打席に立ち、初戦の大阪桐蔭高等学校藤浪晋太郎選手(現:阪神タイガース)からホームランを放ち存在感を見せるもチームは敗れました。

花巻東高等学校卒業時、アメリカのメジャーリーグに挑戦する意向を固めており、ドラフト会議では1球団を除きどの球団も指名しませんでしたが、唯一日本ハムファイターズのみが1位指名で指名します。

当初は球団との交渉については懐疑的でしたが、栗山英樹監督や球団の粘り強い4回にもわたる交渉でほだされ、2013年に日本ハムファイターズの入団が決まりました。

契約金1億円+ダルビッシュ有選手が付けていた背番号11という高卒新人としては異例の高待遇で鳴り物入りでの入団となりました。

初年度から存在感を示したが、防御率は4.23、打率は3割に届かないなど低迷しましたが、その後は年を追う毎に調子を上げていき、しかも毎年自身が持つ日本最速記録を塗り替え続けるなどの偉業を成し遂げています。

成績だけ見ると、非の打ち所の無い素晴らしい選手ですね。

大谷翔平選手の強さの秘密

マンダラート

 

しかし、いくら体格が恵まれていたからといって、努力をしなければあれ程の記録更新は出来るはずもありません。

実は大谷翔平選手は素晴らしい思考の強化を日々行っていました。

それが、目標達成用紙(マンダラート)です。

マス中央に目標を書き、周囲に目標を達成するためにはどうするべきか何をいつまでに達成するのかなどの目標を具体的な行動に移す為に効果的な用紙です。

大谷翔平選手は幼少時からこのマンダラートとで自身の目標を定め、目標を見失わない様に努力していたのですね。

このマンダラートは私達の日常生活にも十分に役に立ちそうですね。

Sponsored Link

大谷翔平選手が現在欲しいもの

大谷翔平

報道等を見ても大谷翔平選手は暇さえあれば、体力維持のため睡眠を取ったり、自身のメンタル強化のため読書をしたりなど・・本当に野球を愛するが故、プライベートも捧げている印象があります。

しかし、大谷翔平選手もそこは男性ですので、世の女性が気になるのは当然です。

特に球場に足しげく通う女子アナウンサーとの結婚が取り沙汰される野球選手が数多い中で大谷翔平選手も例外ではないと思います。

しかも、大谷翔平選手が現在欲しいものは彼女だそうで・・・

一見、長身でイケメンで投げてよし、打ってよしのスター選手なら世の女性が放っておくはずがないのですが、不思議な事にここまで浮いた話は聞こえてきません。

今後の進展如何では記事を再更新したいと思います。

大谷翔平選手の今後

大谷翔平

もちろん大リーグへ挑戦し田中将大選手松坂大輔選手みたいな偉大な選手として成功して欲しいという気持ちと、日本のプロ野球に残り日本のプロ野球のレベル向上の為に頑張って欲しいという2つの願いがあります。

でも、まずは日本シリーズへ進出し日本一になって欲しいですね。

そして、シーズンオフの契約更新では日本のプロ野球選手としての年俸の最高額をも更新して欲しいです。

Sponsored Link