ペナントレースも終わり今やクライマックスシリーズへと場所を移しているプロ野球界

大谷翔平選手が4番ピッチャーでスタメン出場ですね~

中学や高校野球であれば、こうしたエースで4番という夢のような花型のポジションを持つ選手はいますが、実際問題プロ野球ではあまり聞きませんよね。

それは、他にも有能な選手がいる中で敢えて一人の選手に依存しなくても勝てるシステムが作れている事であると思います。

どうしてもエース級の選手ありきの依存したチームだと、体調不良でエースが休んだ場合などは試合にならないくらいのボロ負けする可能性がありますし、他の選手の成長の芽を摘んでしまうことにもなり得ます。

ですから、いくら有能な選手であれ、野手か投手のいずれか1本を選択させて育成するパターンが多いようにも思えます。

そんな異例ずくめの大谷翔平選手について迫っていこうと思います。

Sponsored Link

大谷翔平選手が4番ピッチャーでスタメン!

さて、いくらクライマックスシリーズであったとしても優勝が懸かっている事には間違いないにもかかわらずこうしたプロ野球界では禁じ手とされている”4番ピッチャー”を敢えてぶち上げた理由について知りたいですよね。

私は2つ理由があると思います。

1つ目は、大谷翔平選手が来季も日本ハムファイターズ残留を暗に決めてくれたことへのご褒美的な起用です。

日本ハムファイターズというチームは何かと選手思いなチームという事で定評のあるチームです。

そして、チームとファンとの距離感も非常に近く度々北海道でもチーム主催でイベントを開きチームメンバーと地元ファンとの交流会などを積極的に行っています。

ですから、今回のポスティングシステム使用したメジャー行きを諦めてくれたお礼としてチームが行動で示したのではないのかと私は思います。

2つ目は逆にメジャーへの思いを断ち切れずに旅立つ大谷翔平選手へのせめてもの恩返しという意味で4番ピッチャーという禁じ手を犯してまで大谷翔平選手に日本を代表する選手として海外でも頑張って欲しいという心意義を形にしたものであった可能性もあります。

Sponsored Link

大谷翔平選手の来季は怪我でメジャー行きは絶望?

そんな矛盾している理由についてですが、大谷翔平選手の性格上私は今回のメジャー行きはキャンセルすると思います。

それは大谷翔平選手の性格からうかがい知れます。

大谷翔平選手の性格は石橋を叩いて渡る位実は慎重派であり、決して一時の情に流されるタイプではありません。

今回の怪我にしたって本当は無理すれば出れた試合も出ずに療養を優先した経緯があります。

ですから、八割型ですが私の見立てでは大谷翔平選手の来季は日本ハムファイターズで投げて打っているのではないでしょうか。

大谷翔平

ファンの反応について。

そんな大谷翔平選手についてファンの反応を見ていきましょう!


最後まで見ていただきありがとうございました。

Sponsored Link