日馬富士関がとうとう引退しましたね。

私は引退するタイミングが早すぎたのではないかと思います。

この問題は一見すると力士同士の先輩から後輩への愛の教育的指導とも思えますが、ここまで事態が大きくなったのは紛れもなく背景にうごめく相撲界の闇があるようにも思えます。

一好角家として真相に迫っていこうと思います。

Sponsored Link

貴乃花親方&モンゴル会&相撲協会の日馬富士事件の反応

本来ならば日本相撲協会として1枚岩で対応するのが通例の今回の日馬富士関が引き起こした貴ノ岩関への暴行騒動。

三者三葉、実に違う動きをしましたよね。

特に貴乃花親方については警察に被害届をいの一番に出し、謝罪に訪れた伊勢ケ浜親方日馬富士関と一切の面会拒絶並びに日本相撲会の独自捜査に非協力的な姿勢を一環として貫いてきました。

これって100%裏に何かあるからですよね。

貴乃花親方はかねてから日本相撲協会の体質については非常に懐疑的である一人です。

どうして、貴乃花親方日本相撲協会にそこまで嫌悪するのか、それはモンゴル会という会派を抜きにしては語れないと思います。

モンゴル会とはモンゴル人力士の寄り合いみたいな部屋という垣根を超えた国同士の横のつながりです。

一見すると、このモンゴル会ですがよさそうなイメージを持つかもしれません。

しかし、その実態は八百長ユニオンじゃないかという声もあるのもまた事実です。

どういう事かというと、優勝が懸かる大一番でわざと勝たせてやったり、負けが込んで関取から陥落しそうな力士に対して勝たせてやるといった人情相撲が常態化しているみたいなのです。

そして、この八百長問題は昔から言われてきました。

近年において、横綱及び三役や平幕力士にモンゴル人が多い中で日本相撲協会もこの”モンゴル会”抜きに事を決められなくなったといいます。

言ってしまえば、日本相撲協会の実態はかなりグダグダで”忖度”が常態化する悪しき組織体制となっていると言えるかもしれません。

そもそも力士同士がこうした”なれ合い”を持つのを嫌がった親方は貴乃花親方だけではなく、現在の横綱稀勢の里関や大関高安関を育成した先代の鳴門親方がそうでした。

貴乃花親方「力士のコミュニケーションは土俵の上で正々堂々と体をぶつけ合う事だ」という持論を持っています。

この言葉の裏には「他の部屋の力士となれ合うとロクな事がない」という事実を現役時代に自分も見てきたからではないでしょうか。

貴乃花親方の言い分には非常に筋が通っているので、私としては貴乃花親方の肩を持ちたいと思います。

それ以前に貴乃花親方にすれば「自分の弟子に何してくれてんだ」という怒りが今でもあると思いますし、もし私が貴乃花親方の立場なら同じようにしたと思います。

Sponsored Link

それぞれの今後の動きについて

さて、気になるそれぞれの今後の動きですがこちらも気になるところですよね。

まだ何も決まってはいないと思いますが、まさか日馬富士関引退でチャンチャンという幕引きにはならないと思いますし、ファンが納得しないと思います。

日本相撲協会はこの騒動について早期の収束に躍起になっています。

当のモンゴル会ですが、恐らく日馬富士関の引退という事実を傘に事件の風化を狙った動きをしてくるでしょう。

そして、貴乃花親方サイドは今日本相撲協会からかなり叩かれているみたいであり、場合によっては村八分にされる可能性すらあります。

おかしいですよね~

貴乃花親方サイドからすれば完全な被害者です。

その被害者がどうしてこうも叩かれなくてはいけないのでしょうか。

今後について注視していく必要があると思います。

貴乃花

ネットの反応

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link