新事実が明るみに出るにつれ玉虫色になっていく日馬富士関による暴行問題

もういい加減にして欲しいですよね。

新聞によっても異なる社説を載せるなど、情報が本当に錯綜しています。

まあ、相撲の神様である横綱が絡んだ事件ですから分からないわけではありません。

そんな日馬富士関による暴行事件について新事実を踏まえて迫っていこうと思います。

Sponsored Link

貴ノ岩関&日馬富士関の記者会見が報道されない理由について

ズバリ!なぜ今までこんなに情報が錯綜したかというと、記者会見をしていない一点にあると思います。

どんなに著名な芸能人でも何か問題を起こすたびに実施させる記者&謝罪会見ですが、なぜかありません。

まあ、刑事事件として警察が介入している以上、うかつに記者会見などできるわけが・・・

って!もしかして最初から貴乃花親方の狙いは貴ノ岩関と日馬富士関に口を割らせないように刑事事件にわざとしておいて情報を錯綜させて時間を稼ぐのが狙いだったかもしれません。

既知の通り、貴乃花親方日馬富士関の暴行について被害届を取り下げていません

が、逆に考えれば、被害届はいつでも被害者側である貴乃花親方胸1つで取り下げられます

これって一気に貴乃花親方真意が知りたくなりました。

もしかして最初から裁判費用と時間がかかる不毛な裁判をする気などないのかもしれません。

貴乃花親方と言えば、日本相撲協会に所属していながら非常に現実主義な考えを持った異色の親方として日本相撲協会から現在は距離を置く方です。

普通なら一親方の意見など通りませんが、全国民に知れ渡ったその知名度と日本人横綱として最後まで孤高に立派に使命を果たした名横綱でもあります。

ですので、日本相撲協会からすれば腫れ物に触る程度の対応しかできていないのではと思います。

貴乃花親方からすれば、そんな日本相撲協会が面白くなかったのかもしれません。

その貴乃花親方の本当の狙いはきっと、この事件で日本相撲協会の信用を完全に失墜させたうえで解体して、再度新しく自分で作り直したいのではないでしょうか。

しかし、一人では絶対に不可能です。

ですから、有能な相棒について次に書いてみました。

Sponsored Link

黒幕白鵬関説について

そうです。

横綱白鵬関です。

白鵬関も大鵬関の記録を抜く幕内優勝記録保持者として現在も更新しています

その白鵬関も今やベテランとなり、今では高齢となった宮城野親方部屋付き親方を兼任で後進の指導にも熱を入れて頑張っています。

そして、実はこの鳥取巡業の酒宴の席で貴ノ岩関に説教していたのは日馬富士関ではなく、白鵬関であったそうです。

そして、白鵬関が説教中にスマートフォンのメールに気を取られた貴ノ岩関がスマートフォンをいじったのであるそうですね。

当然、白鵬関とすればムッとして、「誰からだ?」と聞きますよね。

すかさず、貴ノ岩関は「彼女からです」と答えたみたいです。

普通の会社なら、上司との酒宴の席で彼女のメール対応片手間に上司の説教を聞く部下なんてありえません。

ですから、この貴ノ岩関の非常識な対応に見ていた日馬富士関が激高したのもなんだか納得しちゃいます。

そして、この若手力士の態度を見て、白鵬関も「この体制を変えるには一度壊すしかないのでは」という考えに至った可能性があるかもしれませんね。

少なくとも日本の国技たる相撲を愛しているが故に今まで内部からの変革白鵬関も望んでいたと思います。

そして、それが遅々として進まないとなれば失望もしますよね。

貴ノ岩

ネットの反応

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link