今までBクラスがせいぜいで下手すると万年最下位だった横浜Denaベイスターズ

ついに常勝軍団になりましたね~

ここまで来ると本当に優勝して欲しいです。

今回は、ロペス選手が最高の仕事をしてくれました。

あの序盤での猛打で阪神のエースの能見篤史選手を1回で引っ込めるなどの怒涛の攻撃でした。

私も実は横浜Denaベイスターズを応援する身として一番嬉しかったです。

今後の展開について書いてみました。

Sponsored Link

『横浜優勝』下克上ファイナルで広島にリベンジなるか?

実は、横浜Denaベイスターズは昨シーズンにも奇跡を起こしていました。

それはまさしく1位が広島カープで2位が巨人、3位が横浜Denaベイスターズという並びです。

当初有力であった巨人が後半失速し、まさかの横浜Denaベイスターズにチャンスが回り、ファイナルステージに進んでいます。

しかし、それまでの横浜Denaベイスターズの勢いはどこへやらの野球で広島カープ優勝を許してしまいました。

なので、今回せっかくここまで来たのならば、本当にリベンジを果たして広島カープに土をつけて欲しいものです。

そして、日本シリーズでは強豪であるソフトバンクホークスとの接戦の末に優勝して締めて欲しいですね。

まあ、多分優勝した瞬間、私は号泣します。

それは横浜在住ではありませんが、Denaのオーナーの南場智子さんが新潟県出身という事と、横浜Denaベイスターズの投手として一軍にようやく絡むようになった飯塚悟史選手がいるからです。

それまでは弱小球団という事で、応援していました。

常勝軍団よりも弱小の球団が這い上がっていく様って本当に見応えありますし、応援したくなりますよね。

Sponsored Link

横浜Denaベイスターズの強さの秘密について

その近年の横浜Denaベイスターズの強さの秘密はやはり中畑清さんが作った”土壌”があるからこそであると私は思っています。

実際、中畑清さんが監督になった2年目以降はボロ負けする様な試合はしていませんし、何よりチーム内に笑顔が出てきたと私は分析しています。

やはり事を成すには笑顔で楽しくやる事が成功の秘訣であると思いますし、中畑清さんの元祖絶好調男で鳴らせたその元気は沈みがちであった選手の顔に笑顔を取り戻しています。

それと、中畑清さんが特に力を入れたのはファンサービスです。

ファンあっての球団なんだ!という意識を選手に叩き込み事で「ファンの為に」「ファンを喜ばせる為に」という考え方を植え付けていったのであると思います。

決して今采配を取っているラミレス監督を軽視するつもりはありませんが、それだけ中畑清さんが残したものは偉大であったと思います。

ラミレス監督もなかなかに切れ者であり、選手ポジションの起用や状態を見た変更など策士ぶりを発揮しています。

ラミレス監督は私からすれば鋭い眼光でホームランを連発するホームランバッターという印象が強かっただけに、ここまで切れる監督であるとは思いませんでした。

横浜Denaベイスターズ

ファンの反応は?

その『横浜優勝』まっしぐっらなファンの反応を見ていきましょう!


最後まで見て頂きありがとうございました。

Sponsored Link