1995年にウィンドウズ95が発売されて以降、インターネットが日常生活レベルにまで浸透し、今やスマホ抜きでは生活が回らなくなっているユーザーも多いと思います。

かくいう私のその一人です。

毎日通勤や通学電車でスマホを見ない人はいないと思います。

最近ではスマホ1台あれば、銀行の振込作業通販での買い物Youtubeを利用しての動画閲覧などすでにパソコンではあり得なかったスキマ時間での運用をもカバーしてくれるまでになりましたよね。

そんなスマホも太陽フレアには敵わないみたいです。

太陽フレアが日常に起こし得る影響と対策について迫ってみました。

Sponsored Link

そもそも太陽フレアってなに?

結論から言えば、太陽フレアとは太陽の表面で起こる爆発であり紅炎とも言います。

実は太陽フレアはそんなに物珍しくなく1日に3回前後起こっていると言われています。

太陽について小学校の時学んだと思いますが、太陽は星全体が水素ガスで形成されていると言われており、その表面温度は悠に5772ケルビンと言われており、我々が直に近づいただけで一瞬にして消え去る位の熱量を占めています。

その太陽ですが、ある一箇所だけ極端に温度が低い場所があります。

それが黒点です。

この黒点内では酸素があると言われており、酸素と水素が化学反応すると水が出来ます。

なので、黒点は熱が発生せずに黒いままなのですね。

太陽フレアはまさにこの黒点に熱量が一極集中する事で一時的に莫大なエネルギーが暴発する現象であると言われています。

Sponsored Link

太陽フレアがスマホや人間の体内、ネットに及ぼす影響と対策について

問題はその太陽フレアが日常生活にどう影響するかです。

実はこの太陽フレアオーロラを発生されるものであると事が近年の研究で分かってきましたが、その副産物で深刻なのが磁気嵐です。

知っての通り、地球は磁気により自転を繰り返す惑星です。

そして、自転の軸たるものがまさに強力な磁力で動かされていると言います。

磁気嵐が起こると、通常ではあり得ない強力な磁気が太陽系に放出される為に、地球の自転にも影響が少なからず出ると言われています。

その最たるものが人工衛星の機能停止やそれに伴う通信障害やGPS機能不全です。

また天候といった重要な情報をもたらしてくれるのも人工衛星ですからこの影響は計り知れません。

まして、今回の太陽フレアは通常のそれの1000倍の威力らしく、地球に影響が出るのが9月8日の午後3時から翌未明までと言われているのです。

なお、この太陽フレアが人体に与える影響ですが、理論的に考えれば、地球を守っている磁場が乱されるために宇宙に降り注いでいる宇宙線という有害物質を多く含んだ目に見えない線が地球にも一時的にであれ降り注ぐことになります。

その結果、人により個人差はあれ、頭痛や倦怠感を引き起こすのではないかと思います。

人命にはそこまで影響はないと思いますが、宇宙空間で宇宙服を着用するくらいですからやはり有害であることには違いないようです。

その太陽フレアについての対策ですが、相手が太陽だけに未だ以って効果的な対策は取られていないのが現状です。

日常的に頻発するようなら世界規模で対策を練った方がいいと思います。

太陽フレア

ツイッターの反応は?

さて、そこで気になる太陽フレアについてツイッターを見ていきましょう!


最後まで見て頂きありがとうございました。

Sponsored Link