7月1日に午後1時から10時間に渡って放送された「THE MUSICDAY」

嵐がカッコよかったですよね。

特に私は総合司会を見事に務めた櫻井翔さんを応援しているので、ガチでテレビから離れられませんでした。

櫻井翔さんと言えば先日34歳という若さでこの世を去った小林麻央さんと同じ情報番組で一緒であったという事と同年代だった事もあり逝去の一報に涙を浮かべ悲しむ姿が本当に印象的でした。

そんなが「THE MUSICDAY」で歌ったbelieveについて書いていこうと思います。

Sponsored Link

嵐が「THE MUSICDAY」で歌った曲はbelieve

さて、そんなが本日歌った曲は2009年3月リリースされたbeieveです。

私はてっきり2017年6月28日にリリースされたばかりの新曲である「つなぐ」が披露されるものと思っていただけにこの曲のチョイスは意外でした。

ですが、では珍しいラップ調の曲ですのでバラード系の万人受けする曲よりもよりいつもとは違うの一面をメンバーは見せたかったのかもしれませんね。

それにしてもいつもながらハツラツとして楽しく歌っていましたね。

総合司会をしていた櫻井翔さんもこの時ばかりは笑顔を見せて楽しそうでした。

SMAP去りしあとの今やジャニーズ事務所の稼ぎ頭ですからね!!

これから夏にかけてFNSの27時間テレビや夏の風物詩である24時間テレビなのでも恐らく要所を締める役として欠かせない存在として出ると私は思います

それだけににはまだまだ頑張って欲しいですね。

Sponsored Link

believeのラップ調の歌詞についての感想

そんなが歌ったbeliebeについてどの様な曲だったのか気になったので振り返っていこうと思います。

believeの曲調は非常にエッジの利いたラップであり、その歌詞もまた非常に独創的です。

believeの歌詞についてはこちら⇒http://www.uta-net.com/song/76760/

改めて見てみるとラップパートの作詞は自身が組んだんですね。

この詞の中の”そう僕らは待っている いつまでも待っている”のフレーズが私にとってはすごく印象深かったですね。

しかも、通常であれば音楽番組では曲は割愛したものであるのが通例である中で、このbelieveだけはキチンと長尺を取り、曲を略さずに最後まで嵐は歌いき嵐っています

 

視聴者の反応

そんな大活躍したについて「THE MUSICDAY」を見ていた視聴者からは次のようなコメントが続々寄せられていました。

嵐ほんまかっこいい「つなぐ」と「Believe」とか最高!!! 歌もダンスも見惚れる

個人的に言うと嵐のメドレーでBelieveやってくれたの嬉しい!

今日、19時からの全ての記憶が、嵐のBelieveで持ってかれた。

引用元:ツイッター

やはりbelieveを歌った事に関するメッセージが物凄かったですね。

最後まで見て頂きありがとうございました。

Sponsored Link