お笑い芸人としてゆりやんレトリィバァさんと同系列の笑いを取っているブルゾンちえみさん。

とにかく、メイクがヤバすぎですよねww

そんな、ブルゾンちえみさんがなんと2017年4月にドラマデビューするという事で既に話題になっています。

今後、女優としても売れそうなブルゾンちえみさんに迫っていこうと思います。

Sponsored Link

ブルゾンちえみさんの『人は見た目が100パーセント』のあらすじ

ブルゾンちえみさんがデビュー作となった「人は見た目が100パーセント」は最近のドラマにありがちな元ネタは漫画のドラマ版です。

作者は大久保ヒロミさんという方で、2014年7月11日に講談社から出版されています。

単行本で全4巻と非常に短編ではありますが、この位がドラマにするにはちょうどいいのかもしれませんね。

あらすじは、大手製紙会社に勤務する理系女性研究員の3人が「女子力」や「美」といった単語とは無縁の研究者生活に没頭していた昨日までの自分と決別すべく、あの手この手で「ダサい自分」から脱却すべく悪戦苦闘するといった内容です。

なんか、見ていて分かりましたが、これって100パーセント「東京タラレバ娘」のパクリですよね。

ですが、ドラマはまだ始まったばかりなので、これからドラマ独自のストーリーで差別化を図っていって欲しいですね。

Sponsored Link

ブルゾンちえみさんの演技力について

さて、今作が初めてのブルゾンちえみさんですが、1話終了時点での全体的な演技力について芸能界の有名コメンテーターからも認められる様なコメントを頂いているなど、非常に幸先の良い出発に出来たのではないでしょうか。

ブルゾンちえみさんといえば、その声量も去ることながら、聴き手をリラックスさせる様な語り口で硬軟併せ持つ事で有名です。

また、アナウンサーになれるんじゃないかと思わせる位、非常に滑舌がイイです。

このブルゾンちえみさんの演技力について32年間ニッポン放送のラジオを担当した松本秀夫さんのコメントを見ていきましょう。

「とにかく滑舌が奇麗。声質もてきぱきと張りがあるんだけれども、角はない。そんじょそこらのアナウンサーはかすんでしまうような美声の持ち主。AM以上に声の心地良さが求められるFMのパーソナリティーとしても通用するだろうし、特に日曜午後の番組が合いそうですね」

引用元:Yahooニュース

ラジオ界のベテランにこうも言わせるのですから、ブルゾンちえみさんの声量は本物なんですね。

ラジオと一言で言っても、自分を表現するのが声だけである以上、余計に声に関してテレビに映っている役者さんより一枚も二枚も上手であると私は思いますし、その畑を歩んできたベテランに評価して頂けているというだけでブルゾンちえみさんが本当にスゴイ方であるという事がよく伝わってきますね。

ブルゾンちえみ

ブルゾンちえみさんのメイクについての評価は?

ブルゾンちえみさんといえば、もう一つ忘れちゃいけないのがメイクですよね。

あの独特のメイクに関しては、私も初めてみた時はかなり衝撃的で爆笑の嵐でした。

特に、あのアイシャドーの入れ方ですよね。

あんなメイクで街中を歩いていたら注目されること受け合いですよね。

既に、ネットではブルゾンちえみさんの「メイクのやり方」や「真似したい」などのコメントが跡を絶たない位スゴイことになっています。

私は男性ですから、メイクは出来ませんが、是非姪っ子にやって欲しいメイクですね。

最後になりましたが、私的にブルゾンちえみさんのメイクの評価は100パーセントです!!

これからもブルゾンちえみさんを応援していきましょう!

Sponsored Link