『追憶』の発表と映画が大成功に終わり、早くも木村大作監督と岡田准一さんのタッグが動き出しましたね。

その映画の名は『散り椿』らしいですねww

もちろん、主演は岡田准一さんですが、今回は小栗旬さんではなく西島秀俊さんとの共演らしいです。

これだけでメチャメチャ気になりますよね。

早速迫っていこうと思います。

Sponsored Link

『散り椿』のロケ地とあらすじ紹介

さて、映画と言って気になるのはあらすじもそうですがロケ地ですよね。

テレビドラマでの時代劇の撮影は安心安全大定番の京都の「松竹撮影所」ですよね。

果たしてどこなのでしょうか?

実は、『追憶』のロケ地と同じ富山県でした。

更に今回は、あらすじの都合上、長野県滋賀県の彦根と景色が良さそうなロケ地らしいですね。

まあ、時代劇を作る以上、電信柱や住宅地の真ん前で撮影する訳にはいきませんからね。

多少の、映り込みは編集でどうにでもなりそうですが、あまりにあからさまだと分かる人には分かっちゃいそうですからね。

最近はCG技術の向上著しいので、CGで背景作成した方が良いのではと私なんか素人考えで思いますが、やはり木村大作監督と言えば、あの昭和の巨匠である黒澤明監督の元で映画についてのノウハウを叩き込まれた方です。

ですから、いくらCGが進化した現在でも「本物」を撮りたいというこだわりがロケ地をここまで分散させた理由であると私は思います。

さて、『散り椿』のあらすじですが、元ネタは直木賞作家である葉室麟さんの小説です。

それによると、かつて藩の不正を明らかにして、訴え出たものの、認めらなかった岡田准一さん演じる藩を追われた脱藩者の新兵衛が最愛の妻である麻生久美子さん演じるの遺言に従い、藩に帰り、西島秀俊さん演じる榊原采女様を助けていくストーリーです。

時代劇映画ではよくあるパターンのあらすじですが、キャスト陣が本当に旬な方々ばかりなので、是非見たいです。

Sponsored Link

『散り椿』で岡田准一さんと西島秀俊さん共演でどうなる?

そんな、キャストに岡田准一さんと西島秀俊さんの名前が上がっており話題になっています。

売れっ子俳優の二人ですから、もう何回も共演していてもおかしくはないと思っていましたが、実は意外にも今回が初共演らしいですね。

私の中で、西島秀俊さんは今ドラマ放送中の『CRISIS』でのクールでニヒルなキャラと『流星ワゴン』で魅せた誠実な父親役という印象が非常に強いです。

また、岡田准一さんとは小栗旬さんという不思議な共通項で結ばれていますよね。

ですから、私としては小栗旬さんにも『散り椿』に出演して欲しかったです。

しかし、今回の『散り椿』・・・一応主演は岡田准一さんですが、もしかしたら西島秀俊さんのキャラが強すぎて西島秀俊さんが主演っぽくなっているかもしれません。

散り椿

『散り椿』の放映予定はいつ?

もう一つ気になるのは、『散り椿』の放映の時期ですよね。

実は5月15日にはクランクインしているらしいので、クランクアップは7月位でなかろうかと言われています。

岡田准一さんからすれば、『追憶』と『散り椿』の撮影V6としてこれから夏に向けてライブイベントなどでかなり多忙なスケジュールではないかと思います。

岡田准一さんには無理せずに頑張って欲しいですね。

『散り椿』がメチャメチャ楽しみです。

Sponsored Link