コードブルーの映画化がついに決定しました。

2018年公開という事でとても楽しみですよね~

コードブルーの最終回序盤でまさかのチームがバラバラになる事態が発生し、以下の状態からのスタートでしたよね。

  1. 藍沢先生はカナダのトロント大学への留学
  2. 藤川先生は同僚で妻の冴島はるかからチームからの離脱を言い渡される
  3. 緋山美帆子は周産期医療チームへ復帰する人事異動
  4. 名取颯馬フェローは開業医である実家に戻るように言われる
  5. 灰谷俊平フェローは以前の事故がトラウマになり満足に医療行為が出来ない状態になる

しかもみんながみんなバラバラになっていく中で起きた大災害で、肝心要の藍沢先生藤川先生が大怪我で最終回なのに活躍する場所ゼロとまあ、素晴らしい位のどんでん返しが待っていました。

私が大好きな救命病棟24時でもこういった最終回らしい幕開けもありましたが、進藤先生が負傷し、活躍ゼロなんて事は今までありませんでした。

ですので、私の中では不完全燃焼で終わってしまったので映画化になってよかったです。

早速迫っていこうと思います。

Sponsored Link

コードブルー映画の主題歌はミスチルのHANABI継続!

もしかして今考えると最初から映画ありきでドラマの撮影をしていたのではないでしょうか。

であれば、気になる映画の主題歌も今のままのミスチルのHANABIで決定のような気がします。

ミスチルのHANABIはコードブルーが始まって以降ずっと同じであり、敢えて変える事はしないと思います。

まだ、正式な情報はありませんが私なら人気があるドラマの主題歌を敢えてコロコロ変更するといった冒険はせずに安定的に視聴率を狙えるものとすると思います。

Sponsored Link

コードブルー映画のキャストは?

コードブルーの映画化にあたってのキャストですが、私は今度こそ主演は新垣結衣さん演じる白石先生になると思います。

藍沢先生は海外留学が決まっており、そうなるとサブ的なスタンスでチームのまとめ役であった白石先生こそ主演にふさわしいのではないでしょうか。

そもそも、今回のコードブルー3rdの序盤では藍沢先生は他の病院での異動が既に決まっている中でのピンチヒッターとしての投入であった為に最初から本来の主演は白石先生です。

最終回で藍沢先生が負傷して「最後の最後で活躍しない主演」「史上最悪のクソ展開」などと批判するコメントも多かったといいますが、そもそも論からして主演は一体誰だったのかを考えればあってもおかしくはない展開であったと私は思います。

コードブルー

視聴者の反応について

さて、そんなコードブルー映画化について視聴者のコメントを見ていきましょう!


最後まで見ていただきありがとうございました。

Sponsored Link