シーズン1から大好評のコードブルーが現在リアルで月9ドラマとして放送していますね。

もう、毎話毎話泣きっぱなしです!

そんなコードブルーにあの香川照之さんに並び評される名脇役として名高い滝藤賢一さんの投入です。

もうこれは完全に高視聴率を狙っているとしか思えない配役ですね。

早速迫っていこうと思います。

Sponsored Link

コードブルーでの滝藤賢一さん演じる井上宣顕役ってどんななの?

コードブルーで滝藤賢一さんが演じるのは、今回のシーズン3の核心を突くある少年を見守る循環器内科の内科医である井上宣顕先生役です。

少々ネタバレになりますが、この少年は橘優輔君と言い、実は重い拡張型心筋症を過去に患っており、3年前に補助人工心臓を付けて保たせていますがいつ容態が悪化するか分からない状態であると言います。

そんな橘優輔君に長年付き添い両親の信頼も厚い医師役こそ滝藤賢一さんが演じる井上宣顕先生です。

私は、ついつい拡張型心筋症という病名を聞くとまず「バチスタ」という言葉が出てきてその後に「医龍」となりますね~

同じフジテレビだった関係もありますが、何やら何かの拍子に坂口憲二さん演じる朝田龍太郎が出てきて美味しいところをかっさらっていってしまいそうで怖いです。

なんなら、一緒に高橋一生さんも出てきたら私は多分昇天しちゃいそうですね。

Sponsored Link

コードブルーに滝藤賢一さんが月9枠で連続で出演する理由は?

さて、滝藤賢一さんは半沢直樹の近藤役で強烈な個性を持つキャラを見事演じきって大ブレイクしていますが、ここの所本当にハードスケジュールだと思います。

通常であれば、主演ないし脇役でもドラマが終了すればしばらくはバラエティ番組や旅番組に出演するなどして、プレッシャーから開放されたインターバルを置くと思うのですが、滝藤賢一さんは2連チャンという偉業を成し遂げています。

しかも、前のドラマは同じフジテレビの月9枠である「貴族探偵」です。

主演ではなかったにせよ、滝藤賢一さんは執事として半分主演と言っても良いくらいの大活躍でしたよね。

しかし、「貴族探偵」の視聴率は番組の面白さとはかけ離れたもので、なんと1桁代というていたらくでした。

もしかしてその「貴族探偵」での失敗を償わせる為滝藤賢一さんに出演を強要したのではないでしょうか。

フジテレビは長らく低迷からついに社長交代という所まで波及し、新執行部が立ち上がったばかりです。

そして、その新執行部としては何より欲しいのは“実績”であろうかと思います。

であれば、何が何でもコードブルーを大成功させなければならないというフジテレビの並々ならぬ視聴率についての強い気迫を感じます。

滝藤賢一

ファンの反応について

さて、滝藤賢一さん出演についてファンの反応を見ていきましょう。

滝藤賢一さんのドクター出てくると失敗しないドクターが出てきそうでヒヤヒヤしますわん

滝藤賢一さん+メガネ+医者! 来週私、萌え死ぬかもしれない。

えっ!滝藤賢一出てたっけ!?来週椎名桔平にりょうに滝藤賢一とかなんと素晴らしい絵面なんだ・・・!!!

引用元:ツイッター

やはり滝藤賢一さんと言えばドクターXの北野先生というイメージが強いみたいですね。

8月7日が既に待ち遠しいですよね。

最後まで見て頂きありがとうございました。

Sponsored Link