リアクション芸人として有名な出川哲朗さんと並び有名なピン芸人の狩野英孝さんですが、「らーめん・つけ麺・僕イケメン!OK」の芸風で一躍大ブレイクした勢いが最近なくなりつつあります。

そして、現在ツイッターで炎上しかけている通り、ついに社会人としてやってはいけない領域にまで足を踏み入れてしまいました。

そう、未成年者との交際です。

この領域に踏み込んで、芸能界を干された芸人の一人にかつて軍団山本を率いて吉本興業の若手お笑い芸人の中で勢いのあった山本圭壱さんが有名です。

そして、山本圭壱さんは周知の通り足掛け10年、芸能界から追放され、反省の日々を送った結果、相方の加藤浩次さんらが手引きする形で極楽とんぼとして芸能界復帰を果たしました。

狩野英孝さんと言えば、過去には加藤紗里さんと川本真琴さんとの三角関係の末、グダグダのまま別れたという最悪な過去があります。

今回は、狩野英孝さんが女子高生と交際していた事実の真偽についてと元妻であるアツコさんと離婚した理由から見える狩野英孝さんの本質狩野英孝さんの気になる今後について書いていこうと思います。

Sponsored Link

狩野英孝さんと女子高生は交際していた?

さて、本当に女子高生と交際していたのでしょうか?

情報大手のフライデーが報じている事からも見て取れる通り、どうやら本当らしいですね。

私の感想ですが、別に狩野英孝さんと女子高生の方が本当に好き合っていて、清い交際をしていたなら大いに祝福したい所ですが・・・・狩野英孝さんには、「イケメン」以前に「ダメメン」と言うしか無い過去があります。

そう、冒頭でも書いた通り、複数の女性と同時多発的に交際をしてしまう、いわゆる「浮気癖」があります。

なので、浮気相手として遊びで女子高生と交際していた可能性が大いにありますね。

Sponsored Link

元妻であるアツコさんと離婚した理由から見える狩野英孝さんの本質

狩野英孝さんは実はバツイチで2014年に離婚しています。

元妻であるアツコさんとは足掛け5年という交際期間を経て、狩野英孝さんのレギュラー番組であるロンドンハーツで公開プロポーズの末に2011年に結婚しています。

その後、狩野英孝さんは、実家の家業を将来的に継ぐべく神主の資格を猛勉強の末取得するなど、結婚して落ち着いたと思っていました

しかし、裏ではアツコさんと同時に交際していた女性との関係が切れておらず、ダラダラと関係を持ち続け、一度は不倫が発覚しますが、「前向きな家庭をもう一度作っていこう」という当時のアツコさんの温かく寛大な意向に救われ許されています。

ですが、その後も複数の女性と関係を持ち、ついに堪忍袋の緒が切れたアツコさんから三行半を突きつけられる形で離婚が成立してしまいました。

私としては、アツコさんみたいな明るく誠実で狩野英孝さんの為に、白いスーツを買ってくれたりもするなど献身的なまでに支えてくれた女性を失った事が、狩野英孝さんの最大の失態だと思います。

離婚が成立してからはモデル、タレント、一般女性、誰彼なく交際し酷い時では6股までしていたと言うから驚きですね。

以上の狩野英孝さんが歩んできた女性遍歴を踏まえると、狩野英孝さんの本質が見えてきます。

  1. 自己顕示欲が強く、色んな人達に見ていてもらわないと不安になる。
  2. 複数の女性と交際するのは、本当の愛情を知らずに育ち、自分が本当に愛されているか試したいから。
  3. 自分という芯がなく、移ろいやすい為。

まさにこの3つの要素に尽きると思います。

私も幼少時から体が小さく、自分に自信が持てなかった過去がありますから、狩野英孝さんの本質は良く分かりますが、自分がもし、交際していた女性に同じことをされたらどういう感情を抱くか狩野英孝さんにはご自分の胸に手を当てて良く考えて欲しいです。

狩野英孝さんの気になる今後は?

さて、芸能人として、また社会通念上やってはいけない未成年との交際に足を踏み入れた狩野英孝さんの今後はどうなるのでしょうか。

私が予想するに、恐らく芸能界引退は不可避であると思います。

芸能界引退を万が一免れたとしても「未成年と交際した人」「脇がユルユルな人」といったレッテルは永遠に消えることがありません。

また、そんなレッテルがある芸人を番組制作側も使うでしょうか?

極端に仕事が減り、一気に困窮すると思います。

狩野英孝さんには、自分が世間に対して行った行為を本当に深く反省し、真の神に仕える神主として第二の人生を歩んでいって欲しいです。

「悪いことをしたら、まず当事者に謝り、誠意を示し続けなければいけない」私が両親から教えられた言葉です。

狩野英孝さんにはこの言葉通り、生きていって欲しいです。

そして、地元の神主さんとして地元に愛される人になっていって欲しいですね。

2017年は狩野英孝さんにとって猛省と苦難の年になると思いますが、自分が起こした業を背負い乗り越えていくべきです。

Sponsored Link