ここ最近、世論を騒がせてもはや極東アジア地域でも脅威とまでなっている北朝鮮ですが、実はプリンセス天功さんと非常に密接な関係がかつてあったみたいですね。

私も実は知りませんでした。(泣)

そんな魅惑のイリュージョンを演出するプリンセス天功さんについて迫っていこうと思います。

Sponsored Link

プリンセス天功さんって北朝鮮とどういうつながりなの?

ズバリこのネタに尽きると言ってもいいくらいに気になりますよね。

調べていくと、実は当時の北朝鮮代表であった「将軍様」こと金正日総書記がどういうルートで知ったのかは分かりませんが、プリンセス天功さんの大ファンであったらしく、1998年2000年の2回北朝鮮に訪朝しています。

その際に北朝鮮で水中イリュージョンをやってのけたみたいなのですが、水質が違うと万全な態勢で演技ができないのではないかという金正日総書記の信じられない配慮で、プール2トンもの水を全て飲料水である「エビアン」に交換させたという逸話があるくらいに金正日総書記から寵愛されていたみたいです。

そして、イリュージョン終了後は平壌で金正日総書記と夕食を共にしたらしく、その際も非常に友好的に丁重にプリンセス天功さんの事を国家の客人として扱ったみたいです。

現在、北朝鮮通で有名なのは、アントニオ猪木参議院議員と元金正日総書記の料理番であった藤本健二さんですよね。

もしかして、プリンセス天功さんもまだ北朝鮮とのパイプを持っているかもしれませんね。

Sponsored Link

プリンセス天功さんが体験した北朝鮮での非公開事実について

さて、プリンセス天功さんと言えば、出目の情報がなさすぎて実は非公開にしているのではないかという憶測も飛び交っていますが、北朝鮮での非公開エピソードが私が聞いてもヤバかったので、見ていきましょう。

金正日総書記と言えば、喜び組など周辺に美女がいる印象が常にありますよね。

金正日総書記はコレクション癖があったらしく、欲しいと思ったものは是が非でも手に入れ、近くで飾っておきたいという性格であったらしいです。

プリンセス天功さんもその例に漏れず、気に入るやいなや「平壌に住居と劇場を準備させるので、こっちで住まないか?」となんと金正日総書記自らプリンセス天功さんに永住の申し出があったみたいです。

これって、明らかに「自分の愛人となれ」と言っている様なものですよね。

しかし、身の危険を感じたプリンセス天功さんはこの申し出を丁重に断ったそうです。

プリンセス天功

プリンセス天功さんの『ミッキーすり替え事件』って何?

日本に帰国したプリンセス天功さんですが、この申し出を断ったからなのか、今までに無い事件が周辺で起こりだしたというのです。

その最たる事件が『ミッキーすり替え事件』です。

プリンセス天功さんと言えば、大のミッキー好きで有名ですが、当時家にあったミッキーの人形がすり替わっていたというのです。

普段、家には鍵をかけて外出するのが普通であると思いますが、ここまであからさまであると誰かの意思を感じますよね。

そう、実は北朝鮮の特殊工作部隊プリンセス天功さんの近辺に潜伏していたというのです。

そして、金正日総書記からの再三の北朝鮮への訪朝の誘いです。

なんか、ここまで来ると、かなり怖いですよね。

そして、身の危険を感じたプリンセス天功さんは現在ラスベガスに居を構えているらしいです。

現在は、金正日総書記も逝去し、代替わりしてからは奇怪な事件は起こっていないみたいです。

Sponsored Link