2017年ブレイク間違い無しと言われている”モグラ女子”の泉里香さん。

ついにカンナさーんに出演ですね!

今回の役は緒川俊子という渡辺直美さん演じるカンナさんの息子が通う保育園のリトミック講師として出演します。

そして、もう一つの顔は、現在カンナさんとは離婚中の旦那である要潤さん演じる礼の幼馴染であり、礼の母親役の斉藤由貴さんの差し金でカンナさんにとどめを刺す刺客として送り込まれた存在でもあります。

斉藤由貴さん演じる元姑役は以前からカンナさんを煙たがっており、今回の離婚の黒幕とも言われています。

元姑からすれば、早く孫を自分の元に引き取り、息子ともども自分の管理下におきたいという行き過ぎた親心があると思います。

そんなカンナさーん泉里香さんはどういう立ち回りをするのか、詳しく見ていこうと思います。

泉里香さんについて関連記事のリンクを貼りましたので、良かったらこちらもどうぞ!

泉里香さんについて⇒?泉里香の髪型&水着がかわいい!美容室はLonessで彼氏は本田治彦

Sponsored Link

泉里香さんが演じる「リトミック講師」って何?

そもそも、私が見ていて”?”だったのはまずこの「リトミック講師」という役です。

泉里香さんはこの「リトミック講師」としてカンナさんの息子が通う保育園に赴任しますが、私が保育園だった頃にはリトミックのリの字もなかったです。

そこで気になって調べていくと、どうやら音楽を使って子供の自主性や感受性を育てたり高めたりする学習指導方法みたいです。

その歴史は近代の欧州発祥みたいで、スイスの音楽家であったエミール・ジャック・ダルクローズが開発した音楽教育方法でありまたの名を「ダルクローズ音楽教育法」というみたいですね。

その教育方法は半ば強制的に楽器を弾かせるのではなく、あくまで音楽を聴かせ、その子供の感性に任せた楽器演奏をさせて、そこから音楽について触れ合わせるという非常に自由度の高い教育法です。

日本の音楽教育で有名な山田耕筰さんも非常に感銘を受けた教育方法と言われています。

そう考えれば泉里香さんも”モグラ”出身ながら今後女優として演じる立場なので、大いにリトミック教育法で感性豊かな演技力を魅せて欲しいですね。

Sponsored Link

泉里香さんのカンナさーんでの役どころは?

さて、気になるのは泉里香さんのカンナさーんでの役どころですよね。

冒頭でも触れましたが、斉藤由貴さん演じる元姑がカンナさんと自分の息子である礼を完全に決別させるべく差し向けた”刺客”であると言われています。

それにしても可愛らしい刺客ですよね。

個人的には斉藤由貴さんも十二分に可愛らしく、とても元姑などという意地悪な役には向かないと思いました。

下手すれば、斉藤由貴さんが泉里香さんの役をやっても全然おかしくはありません。

脱線しましたが、刺客としてではなく、他にもカンナさーんの要所を締める様な役どころを演じそうな気が私はしています。

当の泉里香さんも「もっともっと掻き回す」という意味深な発言をしている事からも伺えますよね。

泉里香

泉里香さんと渡辺直美さんの仲について

いくらカンナさーんでは「恋敵」だとしてもプライベートでの泉里香さんと渡辺直美さんの仲はどうなのでしょうか?

実は泉里香さんはお笑いが好きみたいで、撮影所をただでさえ明るく笑いに包まれた雰囲気にしている渡辺直美さんとはとりわけよく話す間柄みたいです。

きっと、「はーいカット!」と言われた瞬間に渡辺直美さんとショートコントをやっているのではないでしょうか

もしそうなら見たいですよね。

泉里香さんと渡辺直美さんはタイプこそ違いますが、逆に自分にはない物を持っている者同士、惹かれあうものもあると思います。

まだカンナさーんは6話なので、これからが楽しくなりそうですね。

最後まで見て頂きありがとうございました。

Sponsored Link