『マル・マル・モリ・モリ!』で一躍有名になった子役の芦田愛菜さん。

中学生になって大人びてきましたね~

そんな、芦田愛菜さんの現在は”超”が付くくらいに悲報続きなんだとか・・

早速迫っていこうと思います。

Sponsored Link

芦田愛菜さんの現在って悲報なの?

さて、中学生となり急激に顔の線が細くなり、身長もグングン伸びてきている芦田愛菜さんですが、一見するとかなり順風満帆の様にも見えますよね。

調べてみると、悲報であったのは小学校時代に仕事が激務となり学校へあまり行けなかった事と、それによりクラスでも孤立し、なんと一年で筆箱を10回以上も変えたという事実があったらしいのです。

また、両親もPTAから干されていたらしく、「子供に稼がせたいから学校へ登校させないのではないか」とか「ステージママもいい加減にして欲しい」などと言われていたみたいです。

私も転校生で5歳から18歳まで同じ地区で保育園から高校生まで育ちましたが、転校生あるあるで運動靴を隠されたりといった軽いからかいはありましたが、ここまで凄惨ではなかったです。

逆にここまで常軌を逸してひどいと私なら両親に相談して転校していたかもしれませんよね。

そういう意味では芦田愛菜さんはよく6年間を耐え抜いたと思います。

かなりつらかったでしょうが、中学校では本当に友達をいっぱい作って普通の女の子として魅力的に育って欲しいです。

Sponsored Link

芦田愛菜さんの両親と受験はどうなったの?

そんな、芦田愛菜さんの両親と受験についてですが、上でも書いたとおりで超悲報だったのは過去の事であり、現在は両親との関係も良好で受験も猛勉強の末合格したみたいです。

そう言えば、ココ最近芦田愛菜さんをテレビで見なくなっていましたからね。

きっと学業を優先していたのでしょう。

あと、出演番組の激減について業界内での噂では、どうやら他の子役より芦田愛菜さんの場合有名になりすぎてオファーするのに通常の子役の20倍ものギャラが必要であったと言います。

実際に芦田愛菜さんは全盛期で2000万円稼いでいたというから驚きですよね。

しかし、徐々に本田望結さんなどの子役の台頭で出演機会が奪われ、ここにギャラが高いというイメージダブルパンチとなって激減したという噂もあります。

しかし、私が見るに、逆にそのタイミングが一番忙しく、多感なこの時期であってくれた事が芦田愛菜さんにとってラッキーであったと思います。

芦田愛菜

芦田愛菜さんの合格した中学校と彼氏について

さて、中学校に合格した芦田愛菜さん・・・当然中学校が気になりますよね。

芦田愛菜さんの中学校については慶應義塾中等部に進学したらしいですね。

実はそれ意外の一般的には超難関と言われている私立中学に軒並み合格していたらしいですね。

その中でも芸能活動に理解がある中学校を選択したみたいです。

しかし、慶應義塾に入っていれば必然的に慶應義塾大学へ進学する事も可能であり、この線が一番私は濃厚ではないかと思います。

そして、気になる彼氏についての情報が今のところありませんが、一説にはトヨタのCMで子供店長をしていた加藤清史郎さんと言われています。

確かに同年代ですし、共に大人の世界を垣間見てる者同士ですから・・可能性が高いですよね!

Sponsored Link