でんぱ組の稼ぎ頭として知名度もあった中核メンバーの最上もがさん

とうとう脱退しちゃいましたね~

脱退自体実は以前から噂はありましたので私は驚いていませんが、気になるのはどうして脱退まで考えるまでになった経緯ですよね。

最上もがさんは自身のツイッターで「心身のバランスが崩れた為に休みがちになり、こんな状態ではメンバーに迷惑をかける」という理由で脱退を決意したそうです。

これって、アイドルの脱退というより、バンドの脱退と似ている気がするのは私だけでしょうか?

そんな最上もがさんについて迫っていこうと思います。

Sponsored Link

最上もがさんの脱退の本当の理由は夢眠ねむさんとの確執!

さて、そんな最上もがさんの脱退の本当の理由ですが、実はメンバーの一人である夢眠ねむさんとの確執があったみたいです。

その事実が分かったのが夢眠ねむさんのツイートで、「5人と1匹」という表現や、最上もがさんが体調不良で休んででんぱ組の活動に来れなかった際には「メンバー5人全員と頑張った」などとするコメントを残しています。

これって完全な仲間はずれですよね。

学校や会社でも大小に関わらずこうしたクラスメート同士や上司部下間の確執は人間である限りあります。

人はみな違う個性を持って生きていますからね。

通常、こうした確執やすれ違いというものを経験し自分の価値観を見直してみたりして人格が形成されていきます。

しかし、中には我が強く頑として曲げない人も少数ながらいますよね。

私が思うに、恐らく最上もがさんはこの我が強いタイプであった可能性があります。

こうなるとなかなかメンバーで活動する以上、相容れない部分というのは必ず出てきます。

Sponsored Link

夢眠ねむさんとの確執の原因は最上もがさんがメンヘラだから?

もう一つ最上もがさんについて深掘りすると”メンヘラ”という言葉が出てきました。

メンヘラと言って身構える人も多いと思いますが、明らかな心の病気ですよね。

依存心や執着癖が本当に強く、何かに没頭し続けられればいいのですが、そうでないと本当にその時々でいきなり喜怒哀楽が変わり豹変するといった事もある病気です。

もし最上もがさんがメンヘラだったとしたら、遅かれ早かれでんぱ組には居れなかったという事になりますよね。

それでもここまで引っ張ったのは、ファンの事を考えてのこともそうであると思いますが事務所側が稼ぎ頭である最上もがさんの脱退を引き止めていたという事も考えられます。

昨今世界的にも話題になったSMAPの解散もメンバー間で様々な思惑が交錯して解散という結末に至ったと思いますが、キーメンバーである木村拓哉さんへの周りの”嫉妬”が本当の原因であると私は思います。

ですので、今回のケースはその稼ぎ頭である最上もがさんがそのプレッシャーや本当はそういった悩みを共有しなければいけない他のメンバーと打ち解けられないといった板挟みの中で苦悩し、そこにメンヘラが加わり精神的に崩壊寸前であったのではと思います。

最上もが

気になるでんぱ組の今後はについて

さて、もう一つ気になるのは最上もがさんというデカイ穴を今後どうやってでんぱ組のメンバーは修復していくのかですよね。

私は最上もがさんが抜けた時点で事と次第ではそのまま解散という事態にならなきゃいいなと考えてしまいました。

キーメンバーの脱退で解散というグループやバンドはかつて星の数ほどありました。

ですからややもするとでんぱ組解散は時間の問題かもしれませんね。

もし、解散を回避するとしたらでんぱ組今までになかった新しい個性を発掘してそこに特化する様な活動をしていかないと他のグループに埋もれてしまう可能性もあります。

最悪地下アイドル化なんていう事も考えられます。

なので、でんぱ組にはこの苦しい事態を早期に収束させて力に変えて前を向いていって欲しいと思います。

最後まで見て頂きありがとうございました。

Sponsored Link