日本のドラマとして人々の記憶に今でも残り、CMなどでもたまにネタにさせる『太陽にほえろ!』で大ブレイクした松田優作さんの長男の松田龍平さん。

マジでイケメンですよね!!

特に、私は切れ長の目が好きです。

そんな、松田龍平さんが大泉洋さんにキレられるといった非常に気になるネタをゲットしました。

他にも、松田龍平さんには不運が続いており、この辺についても迫っていこうと思います。

Sponsored Link

松田龍平さんのプロフィール

 

名前:松田龍平

誕生日:1983年5月9日

年齢:33歳

出身地:東京都杉並区

身長:183cm

体重:63kg前後(推定)

血液型:B型

特技:サッカー

家族:松田優作(父親)、松田美由紀(母親)、松田翔太(弟)、Yuki(妹)

松田龍平さんは、小さい時から、「松田優作さんの子供」として見られていたらしく、それがものすごく嫌だったみたいです。

松田優作さんの子供だから・・・」や「松田優作さんの子供なら当然だ」などと言われてきたと思います。

私も、父親が松田優作さんには遠く及びませんが、地元でも来賓に呼ばれる位そこそこ有名であったので、「あ!◯◯さんの息子さん」と言われるのがたまらなく嫌でしたし、誰も自分の事を知らない所へ逃げ出したいといつも思っていました。

なので、松田龍平さんがそう思っていたかは別として松田龍平さんには共感できる部分はかなりあります

松田龍平さんと大泉洋さんって仲良いの?

松田龍平

実は、松田龍平さんと大泉洋さんは現在、北海道のご当地ドラマにして人気シリーズとなった「探偵はBarにいる」の3作目の撮影中らしいです。

もちろん、撮影も北海道で行う為に、北海道を活動拠点にしている大泉洋さんはいいにしても東京から北海道まで行かなくてはいけない松田龍平さんにしてみたらキツイ撮影であると思います。

しかも、松田龍平さんはドラマが最近終わった「カルテット」にも出演していたという事もあり、ここの所かなりのハードスケジュールらしいのです。

当然疲れもたまりますよね。

で、疲れMAXな松田龍平さんは「探偵はBarにいる」の台本を覚えずに撮影に臨み、そんな状況を見た大泉洋さんが「カルテットばっかに力入れてんじゃないよ!」とブチ切れて一時、撮影現場は騒然としたらしいです。

しかし、実は大泉洋さんは誰よりも松田龍平さんの今の状態を踏まえていて、このブチ切れも大泉洋さんなりのジョークだったらしいです。

松田龍平さんもそんな大泉洋さんの事を分かっていたらしく、静かに微笑んでいたみたいです。

で、私が思うに実は松田龍平さんと大泉洋さんは親友なのではないかと思いました。

まず、普通の関係であれば、急にキレられたらフランクな感じにはなりませんよね。

でも、大泉洋さんのこの行動は松田龍平さんという人をよく分かっていなければ出来ません。

こういう男同士のフランクな関係っていいですよね。

Sponsored Link

松田龍平さんに降り掛かった不運って何?

実は、松田龍平さんは2009年に当時モデルであった太田莉菜さんとおめでた婚をしています。

まあ、有り体に言えば、「できちゃった婚」ですね。

しかし、ここ最近は松田龍平さんの仕事が増えて、家族間のすれ違いもあったと思いますが、妻の太田莉菜さんが若手俳優と不倫していた事実が明らかとなり、松田龍平さんは離婚を視野に入れていた所、家族を捨てて逃げていってしまったらしいのです。

こうした事実から、今の松田龍平さんを支えているのは、子供と仕事であると思います。

私は独身ですが、もし自分が松田龍平さんの立場なら、仕事に没頭するか、ヤケになり自暴自棄になるかしか考えられません。

なので、あくまでも気持ちを静めて今できる事を冷静に分析し行動に移している松田龍平さんから学ぶべき事はあると思いますし、ここまで達観出来る松田龍平さんを素晴らしいと思います。

松田龍平さんに再婚はあるか?

さて、これは私の予想の範囲を超えない完全オリジナル感バリバリですが、松田龍平さんに今後の再婚はあるのかについて迫っていこうとも思います。

松田龍平さん自身まだ年齢的にも33歳と若いのと、ワイルド感溢れるイケメンですので、絶対再婚話も年内中にまとまると思います

奇しくも日本の離婚率が上がり、バツイチが増えてきた昨今ですから、別段気にする事はないと思います。

離婚というツライ経験をしたからこそ得るものがあったと思いますし、その事をバネにして明るい明日を歩んでいって欲しいです。

記事まとめ

さてまとめていきましょう!

  • 松田龍平さんの家族は芸能一家であったという事。
  • 松田龍平さんと大泉洋さんは親友である可能性がある事。
  • 松田龍平さんは離婚はしたものの、年内に再婚を決める勢いで明るくいて欲しい事。

最後まで見て頂き、ありがとうございました。

Sponsored Link