『行け!稲中卓球部』や『ドラゴンヘッド』で有名な漫画家である古谷実さんが2006年に連載していた『わにとかげぎす』がトレンドに上がっていましたね~

だって!念願の実写化ですからね!!!

そんな、ドラマ化する『わにとかげぎす』について迫っていこうと思います。

Sponsored Link

『わにとかげぎす』のドラマの主題歌について

『わにとかげぎす』のドラマはTBSの水曜日の深夜枠で放送されるみたいですね。

ただでさえ話題になりやすい古谷実さんの作品ですから、きっと主題歌もかなり個性的な主題歌になるのであろうかと思います。

今のところ主題歌については不明ですが、古谷実さんのブレーク作となった『行け!稲中卓球部』のアニメの主題歌がかなりぶっ飛んだ歌でしたので、もしかしたら『わにとかげぎす』のドラマの主題歌も誰もが予想だにしなかった様な主題歌になるかもしれませんね。

案外、意表を突いてEXILEさんが主題歌担当となるかもしれませんね。

そうなったらそうなったらで本当に楽しみですね。

Sponsored Link

『わにとかげぎす』のあらすじとネタバレ要素

さて、『わにとかげぎす』の元ネタは実在する深海魚です。

そのあらすじですが、主人公である富岡ゆうじが今まで無為に仕事して寝るだけというなんとも寂しい生活から脱却するストーリーです。

しかし、友達作りや恋人作りには大きな高いハードルが常にあって、困難を極めながらも富岡ゆうじは乗り超えていきます

そして、最終的には物語序盤で告白してきた美女の羽田とゴールインするという感動極まるストーリーとなっております。

私も一通りこの漫画を読みましたが、古谷実さんワールドが多分に広がった世界観に懐かしささえ覚えながら「本当に最後に幸せになれてよかったな」と素直に思いましたし、私も言うなればまだ独身で仕事と家の往来なので、富岡ゆうじが自分みたいに思えてきて本当に感慨深い気持ちになりました。

わにとかげぎす

『わにとかげぎす』実写版のキャストは?

さて、気になるキャストですが、主人公演じる富岡ゆうじ役になんと最近結婚し幸せ絶頂期の有田哲平さんがクレジットしています。

そして、富岡ゆうじと幸せになる羽田役には本田翼さんの名前があるではないですか。

他にも賀来賢人さんや吉村界人さん、淵上泰史さんや村上淳さんなどの実力派の俳優が多く出演する予定です。

この時点で番組制作陣のこのドラマに対する熱の入れようが分かる気がしますね。

しかも、本田翼さんは『地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子』で共演した菅田将暉さんとの熱愛が取りざたされており、菅田将暉さんのファンからは「共演NG」というレッテルが貼られていると言われています。

本田翼んについてはこちら⇒本田翼!菅田将暉と同居?キスシーンもヤバイ!石原さとみとの関係は?

そんな、話題性抜群の本田翼さんを敢えて起用し、このドラマにも話題性をもたせようとしている制作陣のしたたかな戦略が見て取れますね。

そういう意味では非常に物語に深い意味合いを含ませた考えさせられるドラマになると私は思います。

Sponsored Link