浪川大輔さんは声優ですが、私は正直大好きです。

だってブラックラグーンのロックですからね

そんなロックこと浪川大輔さんが今回文春砲の餌食になりました。

それはゴシックな内容ですが不倫です。

って、浪川大輔さんって結婚していたのと私自身もビックリしていましたが、2004年に結婚していて現在は子供2人のよき父親であるそうです。

そして、気になる不倫相手は浪川大輔さんの声優事務所の契約社員であったそうです。

この件について、浪川大輔さんは謝罪コメントを出していますが、このコメントが実は誤字脱字らしく、実は漢字が読めないのではないかと話題になっています。

早速迫っていこうと思います。

Sponsored Link

浪川大輔さんは漢字が苦手で読めない

私も知りませんでしたが実は浪川大輔さんは漢字があまり得意ではないそうですね。

以前バラエティー番組に出演した際にはあまりの読めなさすぎに笑いを誘っていました。

私もこの番組をみていましたが、本当に目を疑う位に間違った読み方をしていました。

「鮪」という漢字を「あり」と読んだりした辺りは本当に面白かったのを覚えています。

そもそも、何故浪川大輔さんがここまで国語が苦手なのか、それは子供時代にあります。

実は浪川大輔さんは小学生時代から声優では異例の子役として既に仕事をしていたみたいですね。

オフレコでは、「他のスタッフさんや声優さん達に迷惑は掛けられない」との思いで必死で仕事を覚えようと必死であったみたいです。

そうなると当然学業などは二の次になりますよね

浪川大輔さんが漢字が苦手なのはそうした事情があったんですね。

Sponsored Link

浪川大輔さんの謝罪コメントは誤字脱字の連続?

そんな浪川大輔さんの謝罪コメントについてその話題を知っているファンから「浪川さん、大丈夫!」と心配する声が出ています。

そして肝心なコメントについて私も見ましたが、目立った誤字脱字もなく、文面も理路整然としていました

そこで私は思いました。

「これって直筆じゃないとしたら第三者が代筆したのでは」と

直筆であれば、既に疑いようはありませんが、謝罪コメントはPCで打たれています。

これは恐らく漢字が打てない浪川大輔さんに代わり事務所のスタッフの方が作った可能性があります。

もう一つの疑問は日付です。

謝罪コメントの上の部分は2017年7月19日となっているのに、下は2017年7月20日となっています。

この違和感は一体何なのでしょうか。

多分ですが、上の日付と文面のみ第三者が代筆し、下だけ浪川大輔が打ち込んだ可能性があります。

その時点で気が動転していた浪川大輔さんは日付を間違えてしまったと推測すると自然とストンと落ちますよね。

浪川大輔

ファンの反応は?

さて、ここでは浪川大輔さんの不倫についてファンのコメントについて見ていきましょう!

子供ももう大きいはずやで~(T▽T) そやなぁ、家族が辛いな 有名な方が旦那さんやとね 不倫って聞いてビックリしたけど、特にショックではないのは、浪川大輔やからやな

心配なのがライブだよねー 中止も嫌だけどさ 浪川先生がしょんぼりしてたら 嫌だなー、笑ってて欲しいんだよ

浪川さんの不倫に関しての謝罪文、紙で公表するより、紙ベースのを実際に読んでいる浪川さんを公表した方が絶対にウケがいいと思った。

引用元:ツイッター

ファンはやはり浪川大輔さんの味方みたいですね。

まあ、浪川大輔さんは非常に芸歴が長い人ですからね。

最後まで見て頂きありがとうございました。

Sponsored Link