年の瀬に悲しいニュースが舞い込んできました。

まさかの鶴ひろみさんの急逝ですよね。

それも首都高速の車内でハザードランプを点けて路肩に止まっていた状態で発見されたそうです。

すぐに救急車を手配し救命措置を行ったそうですが、すでにこと切れていたみたいです。

鶴ひろみさんは声優として私の少年時代を輝かせてくれた一人でもあります。

特に、ドラゴンボールではブルマ役を長年に渡り担当し現在放送中のドラゴンボール超でも引き続き担当していました。

それだけに非常に残念です。

そんな鶴ひろみさんのご冥福をお祈りしつつ迫っていこうと思います。

Sponsored Link

鶴ひろみさん(ドキンちゃん・ブルマ役)が首都高速で急死の病名は何?

本当に今でも信じられなく、ネタやガセであって欲しいと思います。

しかし、真実みたいですね。

何せ急な情報のために情報は少ないですが、どうやら首都高速を運転中に急に容体が悪化して救急車を呼ぼうにも間に合わずに・・・といった所ではないでしょうか。

その急死の原因ですが、考えられる病名はいくつかあります。

まず、思いつくのが心臓の病気です。

急性心筋梗塞は急に発作が起き、場合によっては危険が伴う緊急性の高い病気です。

心筋梗塞になる要因は諸説ありますが、主に生活習慣です。

脂っこいものや不規則な生活をしていると血中コレステロール値と血圧が上がり、心臓への負荷を高めます。

そうなると心臓の心筋が硬直して動脈硬化が起こります。

そして心臓が限界に達すると引き起こされるのが心筋梗塞であると私は思います。

急性度で言えば他にも狭心症や脳卒中(脳梗塞、脳溢血、クモ膜下出血)などが考えられます。

鶴ひろみさんは独身であり、もしかして食生活も仕事が激務であった為に不規則になっていた可能性もあります。

年齢も57歳という事ですから一番病気が出やすい歳であったのかもしれません。

Sponsored Link

鶴ひろみさんの代役は誰?

さて、鶴ひろみさんの急死で一番バタバタしているのがアニメ業界であると思います。

今も続くアンパンマンシリーズのドキンちゃん役やドラゴンボール超のブルマ役など、本当に鶴ひろみさん以外考えられない役ばかりです。

他にもかつてのアニメのキャラやロボットが出てくるゲームで代表的なスーパーロボット大戦シリーズなどでは制作陣が今頃頭を抱えていると思います。

かつての名声優である塩沢兼人さんが亡くなった際には、塩沢兼人さんと同じ声色の山崎たくみさんがいましたから代役には問題ありませんでした。

しかし、長年その役でキャラも固定している体であると代役はそうそう見つからないと私は思います。

機動戦士ガンダムのブライト艦長役の鈴置洋孝さんみたいにライブラリ出演でしばらくは対応するのではないでしょうか。

今すぐどうこうはないと思います。

本当に振り返っても惜しい人を亡くした感じがします。

鶴ひろみ

ネットの反応

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link