北朝鮮がついに禁断も門を開きましたね。

もう、後戻りは出来ないのでしょうか。

この段にきて、共産党や社民党など共産国家を擁護してきた勢力もようやく危機感を抱いたのか「アメリカは北朝鮮と対話すべきだ」と言っています。

今まで黙認してきた中で出てきた言葉がこれか!と正直げんなりしましたが、まあ黙認よりはいいでしょう。

今後は恐らく北朝鮮は更にICBM(大陸間弾道ミサイル)に核弾頭を実装してアメリカ並びに世界に対して「発射するぞ!」と脅しを掛けていくに違いありません。

そんな北朝鮮の狙いについて迫っていこうと思います。

北朝鮮についての関連記事のリンクも貼りましたので、こちらも良かったら見て行って下さい。

北朝鮮の核実験について⇒北朝鮮核実験はICBM用水爆!アメリカ&ロシア反応と戦争の可能性!

北朝鮮のICBM発射について⇒北朝鮮ミサイル襟裳岬に着弾!日本に落ちたら戦争!海外の反応は?

北朝鮮の狙いについて⇒北朝鮮のミサイル狙いは泊原子力発電所!戦争秒読み開戦は年内?

Sponsored Link

北朝鮮の核実験の目的は電磁パルス攻撃!

水素爆弾というだけで1発で世界の主要都市を灰にする位の絶大的な破壊力があります。

正直、これだけでも数発乱発すれば世界情勢は大きく変わり地図も新たに修正しなければいけない位です。

そんな水素爆弾ですが、実は驚くべき副産物があります。

それが、電磁パルスです。

電磁パルスとは、放射線から発振されるパルス波の事です。

具体的に言うと、電磁パルスに触れた地域の電子機器及びコンピュータ制御されている自動車や工作機械、またはスーパーコンピューターが遮断され、機能停止に追い込まれます。

現在、パソコンを筆頭にコンピュータを使わない人はいない位に日常生活に浸透しています。

北朝鮮内で今までより大規模な核実験が強行されただけで電磁パルスが発振され、日本列島にも届くと言われています。

もしそうなら業種によっては死活問題になる事は容易に想像出来ますよね。

また、最大の脅威は電磁パルスにより韓国で駐留している在韓アメリカ軍の軍事行動を大きく狂わせる事になります。

これってかなりヤバイですよね。

ですから、北朝鮮としてはわざわざ核兵器を発射しなくても持っているだけで十分に脅威となるわけなんですね。

アメリカロシア北朝鮮に核を持たせない様に躍起になってきた理由がわかりました。

Sponsored Link

トランプ大統領のツイッターが炎上寸前?

そんな副産物的な攻撃を知ってか知らずか、北朝鮮の核実験はトランプ大統領の逆鱗にまたも触れたみたいで、ツイッターで北朝鮮ならず者国家と言っています。

相当頭にきている証拠ですね。

これはもう外交努力でどうこうなる問題ではありませんし、下手に2国間交渉になどすれば完全に北朝鮮の思うツボです。

恐らく敵視政策の解除国交正常化朝鮮半島への不干渉を突きつけてくるでしょう。

それを鵜呑みにした日には朝鮮半島が北朝鮮により統一されてしまいます。

ですから日本共産党や社民党が言っている2国間の「対話」は絶対に回避すべきであると私は思います。

対話するなら以前に存在した6カ国協議を復活させるべきですね。

とにかくトランプ大統領のツイッターは炎上寸前である事は間違いない様ですね。

ICBM

海外の反応&私の感想について

ここでは海外の反応と私の感想について書いていきます。

まず、海外のとりわけ欧州の反応ですが、一見極東なので関わりない様に見えますがロシアが絡む問題であるのでNATOを主体として非常に神経質になっていると思います。

その証拠にイギリスメイ首相が日本の海上自衛隊を視察しています。

これは暗に北朝鮮情勢について小野寺五典防衛大臣と安倍晋三首相と意見交換したに違いありません。

中東では、北朝鮮と近いイランなどもいる関係と北朝鮮からミサイルを購入しようと思案している国家もいるかもしれません。

中東情勢は最近ようやく膠着状態となっていますが、いつまた中東戦争が始まるか分からない起爆庫である地域です。

そんな情勢ですから、ミサイルという1発で情勢が変わる兵器を欲しがる国家もいるでしょう。

私の感想ですが、誤解があったら申し訳ないですが、北朝鮮という国家を生み出してしまったのは日本が大東亜戦争に敗れた際に朝鮮半島の統治を解いたのが間違いであったと思います。

あのまま、引き続き日本が統治していればこの様な半世紀強にもわたる不毛な戦いをしなくても良かったと思うのです。

実際に、韓国内でも日本の統治について一定の評価をしている方も多いと言います。

現在は反日といわれていますが、元々は日本人も朝鮮人もなくみんなが同じような生活をしていたと言います。

確かに、満州国での関東軍の一部将校に極端な思想を持っていた人もいたかもしれません。

しかし、それでも五族協和の名の元に満州国は平和であったと言います。

タラレバの話になりますが、私は歴史を戻せるなら日本の委任統治領に戻すべきと考えます。

最後まで見て頂きありがとうございます。

Sponsored Link