北朝鮮がまたやらかしましたね。

今度は日本上空をまたいだ弾道ミサイルであったみたいです。

しかもまた早朝、朝に弱い私としては勘弁して欲しいものです。

しかし、北朝鮮としてはミサイルを飛ばすことでこの地域の緊張のレベルを高めてアメリカと瀬戸際外交で2国間のFTAのテーブルに付かせたいみたいですが、そうは上手くいくでしょうか。

そして、もしまかりまかって日本本土に落下、あるいは落下物のかけらが本土に落ちたとなればもう戦争ですよね。

そうなった場合の海外の反応も気になりました。

早速迫っていこうと思います。

Sponsored Link

北朝鮮のミサイルが襟裳岬東の太平洋に落下した事について。

さて、北朝鮮が無謀にも発射したミサイルですが、どうやらICBMではなく中距離弾道ミサイルであるみたいですね。

となるとムスダン級ですかね。

実は今回のこの発射にはアメリカのハワイを攻撃する事を想定した実験とも言われています。

言うまでもなくハワイ島はアメリカの中でも一番東側にあり、北朝鮮は既にハワイまで飛ばすくらいのミサイル技術を悠に持っています。

ですからより確実なものにしておきたかったのではないでしょうか。

それと、今回の発射ですが発射の予兆はありました。

それは金正恩の動静が沈黙していたからです。

今までのパターンからしても発射や軍事的な挑発行為を行う際には必ずと言って良いくらいに金正恩は姿をくらませます。

この行動は恐らく開戦を想定した訓練な様な気がしてなりません。

北朝鮮の制空権は事実上アメリカが握っていると言っても過言でない位に脆弱で、金正恩はいつ空爆されるか戦々恐々としているみたいです。

ですから、自分専用のプライベートジェット機まで24時間体制でスタンバイさせているのではないでしょうか。

Sponsored Link

日本に落ちたら戦争は不可避!

そんな弾道ミサイルですが、いくら北朝鮮のミサイル技術が優れているとは言え目測を誤れば日本本土への着弾にもなり得ます

そうなれば、さすがの政府も黙ってはいないと思います。

専守防衛を是とする自衛隊が即時出動し戦争状態になるのは自明の理です。

私が一番怖いのは北朝鮮という国自身実はもう戦う力は残されていませんが、その後ろで暗に支援しているロシアと中国の存在です。

もし、朝鮮戦争の様にこの大国2国勢が参戦してきたらもう確実に泥沼化し、朝鮮半島は恐らくまた焼かれるでしょう。

戦争というのは一度火がつくと、止まらない作用があります。

憎しみと恐怖の連鎖ですね。

憎しみは人から正常な判断能力を奪い、常軌を逸した作戦をも実行させるような思考を植え付けてしまいます

そもそも論になってしまいますが、私はこうなる前に朝鮮戦争時にもっと早く多国籍軍が北朝鮮を追い詰めて朝鮮半島を統一していればこの様な後々にまで禍根を残すことにはならなかったと思います。

恐らく日本人の心を大きく苦しめた拉致被害者もなかったでしょう。

以前、「パットン戦車軍団」という映画をみた事があります。

ここで実在したジョージ・F・パットンというアメリカ軍の軍人は「モスクワ辺りまで兵を進駐させれば、ソ連は黙るだろう」と進言しています。

しかし、実際にはスターリンとの対話路線に舵を切っていたアメリカ政府の意向で聞き入れては貰えませんでした。

これって朝鮮戦争でも同じですよね。

過去と同じ過ちを繰り返さないでほしいですね。

海外の反応は

さて、そんな北朝鮮の日本への弾道ミサイルの発射ですが、海外からは日本を心配する声や、もし日本に着弾した際の具体的な行動に言及していた国もありました。

ツイッターを見ていきましょう!

最後まで見て頂きありがとうございました。

Sponsored Link